ラジオの時間トップページに戻る

KENWOOD無線機 TS-440Vの中波帯ATT解除に挑戦してみました

ts440 これが手に入れたKENWOODの無線機TS-440Vです。
受信機のR-5000とそっくりですね。
中波帯ATTを解除すると昼間でもここ新潟県から954KHzのTBSがS=9+20dbで受信できるようになりました。
ATT解除するとおよそ+20db、Sメーターの針が振れるようになりました。
ts440 まずは、本体の底面カバーを取り外してみると、RFユニット基盤が見えます。
四角で囲んだ部分のシールド板がネジ止めされていますのではずします。
ts440 シールド板を取り外した画像です。
この部分に取り外す抵抗があります。
ts440 赤で囲んだ部分に R12,R13,R14があります。
これを取り外してR12のところにジャンパー線を半田付けします。
ts440 回路図で示したほうがわかりやすいかと思います。
ts440 抵抗を取り外すには、RF基盤を裏返します。
すると、ななんと、裏面にもシールド板がご丁寧にもハンダ付けされていました!
仕方ありません、これもハンダコテで取り外します。
シールド板を取り外したら、今度は抵抗3本を取り外します。
ts440 3本の抵抗を取り外し、R12部分をジャンパーしました。
これで中波帯ATT解除が終了しました。
あとは元に戻して完了。


トップページに戻る