トップページに戻る    ラジオ日記
(毎日書くとはかぎりません、悪しからず。)


平成15年9月14日(日)   元・カレ

TBSの夜9時からの「もとかれ」はかかさずに見ていましたが、今日が最終回。こういういわゆるトレンディー(この言葉も死語なのかな??)ドラマはどうも苦手だったのですが、これだけは、ついつい毎週、「そんなのあるわけないだろ〜」と突っ込みいれながら見てしまいました。いろいろあった広末もやっぱりかわいかったし、最後もサザンの「津波」がバックに流れてきたりしてジ〜ンとしました。DVDが発売されるようなので、これは絶対買わなければと思うこのごろです。久しぶりに書いた日記がこのていたらく。まっ、イイカ。


平成15年5月4日(日)   韓国テレビ入感

今年初めて韓国のテレビが受信できました。もうそういう時期になったんですね。








平成15年4月27日(日)   物入りな春

田植えにむかって農作業まっしぐらというかんじではありますが、それにしてもあちこち農機具が壊れてしまいます。まずはトラクター。これは早いうちに農協の方が不良個所を見つけ出してくれたのですが、結構修理費がかかりそう。ずいぶん迷ったのですが思い切って田んぼで埋まらないと好評なヤンマーのアグリカというトラクターに買いえ変えました。NRD545が10台買えそうな値段でした。まあ、いっぱい働いて稼いでくれればいいとしましょう。ところが、今度はトラックを車検に出したら、あちこちガタがきていて車検にとおりそうもないとの電話が・・・。トラックなしではおられませんので、中古車を探したりしたのですが4駆の1トンクラスのトラックはなかなかありません。新車となるとこれまたAR7030が13台は買えそうな価格です。結局、軽トラの中古でトレラーをひっぱるということにして、現在物色中。う〜む、お金がいくらあってもきりがないですね、農業って。


平成15年4月26日(土)   WACARSの受信

ラジオライフにエアーバンドのWACARSの受信方法が掲載されていましたので、早速ダウンロードしてパソコンでデコード標示させてみました。
使用した受信機はAORのAR8000、アンテナは144/430MHz用のアローライン、パソコンはWinXP。
周波数を131.25MHzに合わせて、AR8000のイヤホンジャックとパソコンのライン入力にオーディオケーブルを接続して準備完了。あとはスケルチを開いて、音量をちょうどよいところに持っていけば、あとはパソコンで自動的に認識、デコードしてくれます。
実際の飛行機の位置が機体名とともに地図上に表示されるのは感動ものです。
WACARSについての詳しいことは、WACARSで検索するといっぱい出てきますのでそちらを参照してみてください。








平成14年7月13日(土)   たびの終り

3,4,5日と旅行に行ってきたのですが、帰宅するとド〜ンと仕事がたまっており、ようやくかたづけたところです。旅行は新潟空港から大阪伊丹空港まで往復飛行機を使い、あとは広島まで中国自動車道をバスでひたすら走りました。尾道、後楽園、宮島、広島平和公園、倉敷、姫路城など見てきました。歩くことが多くて暑い中汗だくで疲れました。旅行していてもどうしてもアンテナに目がいってしまいます。2日目は岡山県の玉野市に宿泊したのですが、ここは対岸が香川県高松市が近くて、TVアンテナは高松のほうへ向いていました。VHFは垂直偏波なんですね、ここは。中国自動車道は山の中を走るので車窓の風景も見るべきものがありませんね。山陽道ならよかったんですが。それにしても広島空港はえらい山の上なんですね。住宅が山腹までどんどん建っていって空港も山につくるしかなかったんでしょう。


平成14年7月1日(月)   たび

ほんとに久しぶりに雨が降った。梅雨だというのに雨が降らず農家はやきもきしていたのがようやく一息つける。いままで田んぼの斜面をひたすら草刈機で草を刈っていた。草刈といえども高速で丸歯が回転し、おまけに足場の悪い斜面である。危険で疲れるし暑いし、あまりやりたくない仕事ではある。が、草を刈り終えた後を見るとなんともいえず、すがすがしい気分になるのです。この風景を肴に一杯やれます。おまけに爽やかな風でも吹いてくれたならいうことなし。あ〜またビールがうまい。
さて、公務?で研修旅行ということで関西・広島方面へ行ってきます。一人旅であれば受信機やラジオ、周波数帳持参というところですが、お堅い仕事をもつ面々一行との旅ですのでおとなしく連れて行ってもらいます。


平成14年6月29日(土)   タイガドラマ

祖母が逝って3週間になろうとしています。いままで一緒に暮らしていたのに居なくなるのは寂しい気もしますが、その思いも時間が癒してくれるんでしょうね。田舎のお葬式は自宅でするので、5人組の方たちや地区の方々が手伝いにきて取り仕切ってくれます。部屋もとッ散らかっていたのですが、みんな片付けてくれてました。これをもとに戻すのが一苦労。どこにしまってくれたのか探すのが大変です。私の部屋のラジオやら受信機は私が蔵やら納屋に押し込んだのですが、取り出す気がまだしません。仕事で使うのでパソコンだけはすぐに設置しましたが・・・。
葬式やらワールドカップやらで気がつけば、カナダでおこなわれたサミットは何時の間にか終わっており、ウインブルドンテニスも何時の間にか始まっています。私の好きなNHKの大河ドラマ「利家とまつ」もしばらく見てなかったらもう次回は本能寺の変なんですね〜え。そうそう、ワールドカップで日本とロシア戦はちょど日曜日でしたね(祖母が亡くなった日でもありますが)。NHKの大河と重なったようですが、地元石川県での「利家とまつ」の視聴率はなんと30%以上だったようです(う〜ん、これもある意味スゴイ)。ところで明日30日の日曜日はワールドカップの決勝戦放映のため、看板番組の大河ドラマも1回休みということだそうな。NHKが大河ドラマを休止するのは、あの高橋尚子がオリンピックマラソンで金メダルをとったとき以来です。


平成14年6月7日(金)   再度ラジオ体操

あいかわらず夜は日付が変わる前に床につき、翌朝5時起きの生活が続いています。NHKラジオのラジオ体操は毎日掛け声にあわせてやっています。これって、レコードじゃなかった録音じゃないんですね(実際は録音にはちがいないか・・・)。曜日ごとにピアノ伴奏と掛け声をかける人が変わっています。ピアノ伴奏は少し遅く弾く人とテンポが早い人がいます。ですからいつもの調子で体操をしていると遅くてまどろこっしかったりしてこのことに気づきました。どうでもよいことですけど小学生の頃にレコードで毎回同じラジオ体操を聞いていた体がうまく反応しないのでした(としですなこりゃ)。


平成14年6月5日(水)   スカパー

昨夜のWカップ日本-ベルギー戦には力がはいりましたね。さて、このWカップ観戦のためかスカパーの契約数が好調のようです。スカパーは画質がイマイチといわれていますが、スポーツなどのような素早い動きもあまり得意でなかったように記憶していますが(コマオチスルトカ・・・)大丈夫なんでしょうか。アジアサットからのデジタル衛星TVもこの素早い動きはギコチナクてカクカクといった感じになります。スカパーはここまでひどくはないでしょう。


平成14年6月3日(月)   昼どき日本列島

昨夜、Wカップ中継で30分遅れではじまったNHKの大河ドラマ「利家とまつ」を見ていたら、電話がかかってきました。せっかくいいとこなのにとぶつぶつ言いながら受話器をとると、NHKです・・・?。えっ、NHK??、話を聞いていくと、昼どき日本列島という番組ありますよね。それがどうやら私が住む地区を放映対象にしたいらしいのです。私の住む地区は「蕎麦の会」というのがあってよくTVにも取上げられるのですが、でも何故私のところに?どうやらHPを見て知ったようでいろいろと質問されました(ラジオのHPではありませんが)。いろんなところへ取材してネタを集めている段階のようです。本番はかなり絞られるのでまず、私の出番はないと思います。以前勤務していた会社にいたときも、昼どき日本列島の番組放映が会社のある地区であって、そのときもいろいろと取材を受けたのですが、時間がなくてボツ。それにしてもなにも、NHKの看板番組の時間に電話かけてこなくてもよいのになあ。


平成14年6月1日(土)   久々Eスポ映像

訳あってEスポ受信のテレビ機器をしまってあったのですが、今日は久し振りに取り出して設置しました。マルチテレビの外部入力にIC−R7000+TVコンバーター出力をつなぎました。以前、IC-R7100で同じようなことをやったのですがあまりよくなかったのです。ところが、R7000の感度がよいのかよく映るではありませんか!CCTVとか久し振りに見ました。これなら周波数がわかるので受信しやすいいですね。外部入力よりマルチテレビそのものでの受信のほうがカラー映像にはになりやすいですけどね。IC−R3はいまだ取り扱いに苦戦してます、トホホ。


平成14年5月30日(木)   ラジオ体操

う〜む、われながらよく働いています。昼間は外で農作業、夜は注文品の発送作業と趣味のラジオをさわれない毎日です。AMラジオだけは外でも家でもよく聞いてはいますが。深夜2,3時まで納品書を発行したりしていると流石に疲れます。最近は深夜に仕事を無理やりするより、早朝にチェンジするようになりました。冬と違い、寒くはありませんし、5時といえばもう外は明るいですね。仕事の能率もあがります。ここでもNHKのラジオをつけてはいますが、頭にははいってきません。しかし、6時半ころになるとラジオ体操が流れてくるんですよね。20年ぶりくらいにラジオ体操第一をやりました。なんとか覚えているもんですが、身体全体が硬くなって前屈などは昔のようにはいかなくて愕然(しのびよる老いに脅えています)。そこでここ毎日、ラジオ体操のときだけは仕事を中断してイチ、ニイ、サン、シとやってます。
アイコムのIC-R3をオークションで手に入れたのですが、テンキーなしの機種は使い勝手がわからず、めんくらってます。詳しくはまた後で書きます。


平成14年5月21日(火)   チャイナパンツ

以前、印鑑を通信販売で購入したことがあるのですが、その会社から定期的にDMでカタログを送ってくれます。先日それを見ていたら、スボンが5枚で4,900円というのがありました。なんで印鑑屋でズボンを売っているんだろうとは思いましたが、安さにつられて購入してしまいました。それが届いて早速はいて見ました。メイド イン チャイナとありましたが、値段からしてしょうがありません。ところが、しゃがんだら、ブッチと前のカギフックがとれてしまったんですう〜〜。さすがわ、安物だなあと変に感心したのですが、まだ4本もあると気を取り直して、別の色のズボンに履き替えました。するとなんとなんとこれまたフックがとれてしまいました。あ〜あ、安物買いの銭失いとはこのことだなあ〜と実感。それよりもなによりも、フックを飛ばしてしまった我が中年腹をひっこめるのが先決のような気もしました、苦笑。


平成14年5月19日(日)   オークション出品数半減

大相撲ですが3人が全勝で折り返しましたね。でもイマイチもりあがっていません。いままで若貴人気におんぶにだっこだった相撲協会のつけがでてるんでしょうね。
さて、ヤフーオクションの出品数が半減したという記事が今日の新聞にでていました。それによると、4月15日に出品者から1出品につき10円を徴収する制度を導入したわけですが、3月初旬にピークの440万件となった総出品数が先月26日には230万件まで急減しました。その後も減少傾向に歯止めがかかっていません。そして5月15日からの3%手数料導入でさらに出品数が減る可能性があると書いています。その反面、ビッダーズは手数料を半額に値下げして出品数が16.5万件から31万件へと倍増。
わたしも出品数を減らしました。ヤフーが独走すると好きなようにされていけませんね。やっぱり対抗馬がでて適正な競争がないといけません。手数料導入なんてまったく必用ないと思いませんか??


平成14年5月3日(金)   MRO

いつのまにか5月になってました。家業が忙しくなってきてなかなかHPの更新まで手がまわりません。久々日記を書きますが、相本商店から聞いた少し古いネタです。
北陸放送はなぜMROなのか
北陸放送のコールサインは現在JOMRになっています。さて、以前北陸放送は加賀(JOMR)と能登(JOMO)の2つの送信所がありました。それがこの2つが合併してコールサインの最後の文字をとってMROとしたそうです。かってのコールサインの名残といえますよね。
新潟放送も昔はたしか高田と新潟の送信所があって、高田局はお昼の放送は独自の番組を放送してました。当時、上越に住んでいたので、会社の駐車場に置いてある車のカーラジオで昼寝しながらよく聞いてましたっけ。なつかしい。


平成14年4月30日(火)   狂牛病=BSE????

今日は久々の雨で仕事はしばし休みです。山の新緑が雨でぬれるといっそうきれいにみえます。
さて最近、狂牛病のニュースも下火にはなりましたが・・・。いつのころからニュースなどでアナウンサーは「BSE、狂牛病」と言うようになりましたね。どうしてこう日本のマスコミは英語の略字をつかいたがるんだろうなあ〜と思っていました。BSEではなくて「狂牛病」でいいではありませんか。と憤慨していたら、先月病院のつきそいで女性週刊誌を読んでいたらわかりました。NHKの視聴者相談センター?みたいなところへ、肉屋さんから「狂牛病」という表記はおどろおどろしいので読み方を変えてほしいという要望があったそうです。この要望にNHKは応えたようですね。この場合はしょうがないかな。でもなんでもかんでも英語の略称やカタカナ言葉にはうんざり。
それにくらべて中国はしっかりしてますよね。英語の人名や地名でさえ漢字に置き換えて表記してますもんね。


平成14年4月28日(日)   おぼえてますか?ミグ戦闘機の亡命事件


今日もオークションネタですが、大沢幸夫著「電波傍聴ガイドブック」(山海堂)を前に手にいれました。以前よりほしかった本だったのでブックサービスで注文したのですが、すでに絶版とのことだったので落札できてラッキーでした。内容はラジオライフも真っ青な様々な電波の受信ガイドとなっています。古い本なのですでに停波した海岸局やJJYの記述もありますが、それでもオーストラリアのフライングドクターの無線や同国のスクール オブ エアの受信とかなんかも紹介されていて、受信出来なくてもわくわくするようなときめきを感じますね。
さてこの本をながめていたらなつかしい記述に出会いました。それはかって私が中学生だったころのことですが、北海道の函館に亡命したソ連のミグ戦闘機の無線機が真空管式のものであったという記述です。確か当時の新聞にも掲載されていたように思いますが、当時でさえ戦闘機に真空管?と驚いた記憶があります。じつはこの事件には後日談があったんですね。この本で初めて知りました。それは、核戦争時による電磁パルスから無線機を守るために、わざわざ真空管が使われていることがわかりました、とのこと。う〜む、さすがわ旧ソ連ですね。なんか技術的に古臭い感じがするのですが、やっぱり超大国。優秀な技術者はわんさかいるんでしょうね。


平成14年4月27日(土)   SM−5D


FRG−7700を修理行き(まだ荷造りしてないけど)にしたので、かわりに9R59Dを使っています。先日、同じトリオのプリセレ&コンバーターのSM−5Dをオークションで手に入れていたのですが忙しくて動作確認さえしていませんでした。今夜、9R59Dに接続してみました。するとプリセレ使用では効果抜群。高い周波数でもこれを使えばこんなに聞こえるんだというくらい受信感度があがりました。ただ中波はこのプリセレは作動しないのが残念。海外日本語放送、とくにロシアの声とか中国国際放送、ラジ韓などはこれで聞くとけっこうノスタルジックな気分にひたれますし、受信音も疲れずいいですよ。NRD535Dでこれらの局を聴いてもすこしもありがたみが感じませんし、面白みにも欠けるのですが、真空管のリグだとこうも気分がかわるんですよ〜。


平成14年4月26日(金)   イムジン川


このところラジオを聞いていると『イムジン川』という曲がよくかかるようになりました。この歌は昔フォーククルセイダーズが新曲発売する予定でしたが、レコード発売寸前に突然中止になったのでした。イムジン川とは朝鮮半島を南北に分断する軍事境界線にそって流れている川です。その川の流れにたくして南北分断の悲しみを歌ったものです。フォーククルセイダーズといえば、あの『帰ってきた酔っ払い』で有名ですよね。その次の新曲としてこのイムジン川がリリースされる予定でした。何故突然発売中止になったのかは、いろいろ諸説あるようですが、北朝鮮の名称(朝鮮民主主義人民共和国)の呼称が当時まだ正確には決まっていなくて、東芝EMIの一民間企業が先行して使ってよいものかどうか。それと歌詞の内容に韓国のイメージダウンになる詞があり、韓国で東芝製品の不買運動が起こるのが恐かったなどがありました。「帰ってきた酔っ払い」の大ヒットをだしたクルセイダーズの次の新曲でしたから、すぐに別の曲をつくらなければなりません。作曲家の加藤さん?はホテルに缶詰にされましたがよい曲がうかびません。仕方なくイムジン川の曲の譜面を逆からギターで弾いていったら、あの名曲「悲しくてやりきれない」ができあがったのでした。期せずして2つの名曲がうまれたわけですね。
以上、相本商店からのうけうりでした(笑)。でもイムジン川はいい曲ですよね、ほんと。


平成14年4月20日(土)   まさか


井上参院議長の辞任騒動の新聞記事を読んでいたら、民主党の参院議員会長の角田氏が井上元議長に言った言葉が紹介されていました。「毛利元就じゃないが、人生には上り坂、下り坂があるし『まさか』という坂があるもんだ。今、議長の前にあるのは、そのまさかの坂だ。」
う〜む、がんちくのある言葉ですねえ〜。そんな坂あったんだ!。なんか鈴木宗男氏からはじまった暴露合戦ばかっりで、きちんと重要な政策の検討を国会議員はしてほしいですね。
さて、今まで部屋にあった収集したラジオや受信機の数々をお蔵入りさせました。使う機種はきまっており、あとはほとんど使わないでほこりをかぶっていました。今手元に置いてあるのは、短波、中波用にNRD353Dと9R59D、VU受信にAX700,IC−R7100,IC−PCR1000,FM用にIC−R7000だけです。あと寝るときにタイマーがわりにSW55を使っています。あとは全部蔵にしまいました。時々は入れ替えて使わないと鳴らなくなるんでしょうね。ほったらかして気がついたときは「まさか」とならないようにしなければ・・・。


平成14年4月18日(木)   FRG−7700が不調


ヤエスのFRG−7700は聞いていて疲れない音質でたいていのリスニングにはこれを使っていました。ところがここ2週間前くらいから、受信していると急に音がでなくなり、まったく受信できなくなることがあります。電源スイッチを入れなおすと治っていたのですが、ここ数日はこれでも復旧できず、壊れたんでしょうね。修理してくれるかどうかスタンダードに電話できいたら、一部部品の在庫がないので修理できないこともありますが、とりあえず送ってみてくださいとのこと。このFRG7700の平均修理代金は1〜2万円ともいわれました。それでも修理してくれるのはありがたいことです。やっぱり受信機だからでしょうね。これがラジオだったら部品がないということですぐに断られてしまいます。
なお、修理品の発送先は下記。
東京都目黒区中目黒4−8−8
(株)スタンダード WDXC 修理品
03-3719-5009
故障内容と日中の連絡先電話番号のメモを同封のこと


平成14年4月17日(水)   週刊朝日



入院していた祖母が部屋にあるものを持ってきて欲しいと、頼まれたものを探していたら、昭和31年発行の週刊朝日を発見しました。裏表紙には松下の真空管ラジオ「マジックスーパーBL-280型」の広告が掲載されています。この紹介文が以下のように書いてあります。
「このラジオはデザイン、音質、性能のフレッシュな魅力をいつまでも失わない 永遠の新型ラジオ として、今非常な評判をいただいております。」
今は昔、やっぱり永遠の新型ラジオは誇大広告もいいところですよね。そんなラジオがあればいまだって買いたいです。
さて、このラジオの価格は14,300円とあります。この週刊朝日の価格が30円。現在の週刊誌の価格はだいたい300円くらいでしょうから、ざっと10倍。現在の価格になおせば14万円ちかくもしたんですねえ。私が小学生だった1960年代、カラーテレビの値段が当時の価格で20万円くらいしていたような記憶があり、子供心にも高いなあと思ったものです。当時の足のついたりっぱな家具調のテレビも今となってはなんか懐かしいですよねえ〜。

さて、この日記も毎日なんとか書いていましたが、今後は無理せずにネタのあるときのみ書くことにします。


平成14年3月17日(日)   お知らせ


家族が入院してしまったため、つきそい等しなければならず、この日記もいままでのように毎日書くのはしんどい状況になってしまいました。時間があれば書くつもりですが、すこしお休みすると思いますが、よろしくお願いします。なお、掲示板の私のレスが満足にできないことご容赦ください。それでは。


平成14年3月15日(金)   北の衛星テレビ


ある日本にお住まいのイランの方から、日本でイランの衛星放送は受信可能かどうか、メールで問い合せをいただきました。イランはあまりきいたことがないなあ〜と思いながら、ワードへ問い合せてみました。すると、残念ながら「現状では、アジア地域において、衛星受信でイランの番組が受信できるという情報はございません」という返事をいただきました。
ついでに北朝鮮の衛星TVのことについても聞いてみました。すると以下のような返事をいただきました。
「北朝鮮のKCTVは、Thaicom3衛星からのCバンドのデジタル波で送信されています。 弊社ホームページに掲載されておりますような受信に関する諸条件(アンテナ設置スペースの有無、 その点から衛星の方向が見通しかどうか、Cバンドの場合、マイクロ回線からの混信を受けないか等) がクリアされれば、受信が可能です。(ただし、番組の送信時間は一日に6時間と聞いております。) もし、混信の影響を受けない受信状況の良い場所に設置可能だとして 最低限必要なアンテナ径は、1.8mですが、安定した良好な状態で受信するとすれば 直径2.4mをお勧めします。 尚、Thaicom3は日本からの仰角が低く、とくに関東以北では見通せる場所が 限られてまいりますので、場所選定に注意が必要です」
う〜む、2.4メートルかあ。設置場所には困らないのですが、衛星を見通せるかどうか、山にかかりそうな感じだなあ〜。


平成14年3月14日(木)   お疲れもーど


久々に田んぼ仕事をしましたら疲れました。腰にはベルトクリックでVX−5をつけてエアバンド、胸ポケットには通勤ラジオでKNBを聞くといういつものパターン。ですが、途中でどちらもバッテリーが切れてしまいました。VX−5はリチウム電池に充電するのですが、これが結構長時間使えて重宝します。


平成14年3月13日(水)   感謝〇〇署


ラジオの話題ではありませんが、参考までに書きます。
午前中、〇〇警察署ですが清水さんですね、という電話がありました。なにか悪いことをした覚えはないのに何だろうといぶかりながら、そうですが、と答えました。すると警察は、清水さんが昨年米を売った静岡県の××という男を憶えているでしょうか?確か代金の支払いはなかったはずですが。そのとうりです、売掛代金を踏倒されました、と私。警察、実はその男を詐欺で逮捕しました。取り調べてみると余罪が250件くらいあって、その中に宅急便の伝票の中から清水さんの送り状がでてきたものですからこうして電話しております。つきましては被害届けをだしてもらえますか、とのこと。逮捕された男は多重債務者で代金回収は絶望的ですが、きちんと罪をつぐなわせるためにぜひ被害届けをだしてくださいという内容でした。この〇〇警察署は佐渡ではなく、新潟県のとある地方の警察署です。そこの管轄の住民の方が私と同じようにその男に売掛金をだまされて、その警察署に相談したのがきっかけで、逮捕に至ったわけです。さて、ここで私は昨年、パソコンモニターの詐欺?被害とある商品の売掛金の不払いの相談に佐渡の相川警察署に相談しに行ったのを思い出しました。売掛金の被害については事件性がなければ警察は動けないといわば門前払いの格好でまともにとりあってもらえませんでした。おまけに代金をきちんともらってから商品を発送しなさいと説教される始末。ところが今日の電話では〇〇警察署ではきちんと同じ売掛金の未払いの相談にのって、しかも逮捕までしてくれたのです。私は、この電話をきったあと、相川警察署に電話して同じ県内の〇〇警察署はきちんと相談にのって犯人を逮捕までしたのに、昨年同じように私が相談したときは調査は無理と言われたのであるが、おかしいではないかとクレームをつけました(いや〜な性格ですね)。相川警察のほうは、そんな対応しましたっけととぼけて、あと1回相談にのりますので来署されたしとの返事。一応明日、再度相談に行ってきます。もうすっかり代金回収については小額なのであきらめているんですけど、なにかけじめがないと貸倒れ損失に計上する気分になれないのです。まあ、恥をさらしましたが、親身になって相談してくれる警察署もあるようですね。役所は比較されるのがきらいなようで、また出先機関を飛び越えて本部に直訴されるのも困るようですね。こういうときは縦割り行政でよかったとも思う次第です。


平成14年3月12日(火)   こんどこそ


北朝鮮の埒疑惑で決定的な事案がでてきましたね。今度の事件はよど号乗っ取り犯のもと妻の証言ということでかなりの信憑性があります。こんどこそは日本政府の外交がどのように対応するのか注目したいと思います。もっとも非人道的な手段で連れ去られた人たちを救うことのできない国家ってはがゆいし、また情けないですね。宗男疑惑で大揺れにゆれた外務省はこういう案件こそ力をいれて仕事をして欲しいと思います。それにしても埒って恐いですね。


平成14年3月11日(月)   ボヤキ


RL誌の年間購読が切れた案内がきたので先日振り込んだのですが、今日はABの年間購読期間終了のハガキがきていました。なにかとお金が出て行きます。B連のマイウェーブは振込みをズルズルと先送りにしていたら、もうなくてもなんとも思わなくなったので購読するの止めにしました。3月って車検の支払いの請求もくるし、年払の自動車保険の振込み月でもあるんですよね。年度末っていろいろと送別会にも出なきゃいけないし、まあお世話になった方のならいいのですが、町役のやつは義理で仕方なくでなきゃいけないのが、これまた結構あるんですよね〜。


平成14年3月10日(日)   オークションにおけるマフィーの法則


オークションで落札すると、しばらくして同じ機種がまた出品されるということがよくありますね。思わずいくらくらいで落札されるのか気になり、ウオッチリストに入れてしまいます。自分が落札したものより程度がよさそうで、しかもその落札金額が低かったりしたらグヤジ〜イと思いますね。逆もまたありなんですが、この場合はしてやったり。こういう経験ってありませんか?今日は午後から雨になり、先日オークションで手に入れたまま部屋のオブジェと化していたAX700にせっせとメモリーを打ち込んでいました。この機種もそうですがIC−R7000も同様スキャンの速度の遅いこと。まあ、当時はこれが早いといわれていたんでしょうけど。これにくらべるとIC−R7100やAR−8000はスキャン、サーチともに早いですね。


平成14年3月9日(土)   倒壊


3日前から、80.1MHzでFM再送信をしているKNBラジオが受信できなくなっていました。おかしいなあ〜と思いながらも電波状況が悪いんだろうと解釈してました。FM長野やFM新潟などほとんどの局はそれまでどうりに受信できていたのでそう思っても仕方ありません。ところが、今日、天気がよかったのでFMアンテナを設置している裏山にいって見ました。するとアンテナ倒壊。ローテータのアンテナポールを取り付ける上部のネジがすべてはずれてそこから落ちていました。そういえば春一番のような強風が3日前に吹いていたような・・・。なんとか復旧させましたが、ネジが1本バカになっていたので交換しないといけません。それにしても倒れて地上に落ちてもけなげに強力局は受信してくれていたFMアンテナに感謝です。
さて、ジオシティーズに別館のページを持っていたことを久々に思い出してアクセスしてみました。しかし開くまで時間のかかること5分以上かかったのではないでしょうか。こんなにジオって重かったのでしょうか。これなら初めて訪問した方はすぐに中止するでしょうね。やっぱり少しはアクセスしてやらないとイケマセンネ。


平成14年3月8日(金)   パラレル


朝8時ころに長波をあちこち聞いてみたら、みんな別の内容を放送していました。私の機器ではロシア長波は243KHz、189KHz、153KHzのR.Rossiiが大体受信できます。たいてい夜に聞くことが多いのですが、どの周波数もパラレルで同じ内容。ただ単に再送信しているだけかと思ったのですが、時間帯によっては地方ローカル番組も放送しているのですね。さて、先日ニッカド電池を入れ替えたコードレスホンの子機が充電できないのでジョーシン電機に修理に出そうと持っていきました。しかししかし、子機は修理できないと断られました。どうも子機の基板部を修理するのは電波法かなんかに抵触するような話でした。子機そのものを購入するとなんと1万8千円くらいするそうで、別の電話を新しく買ったほうが早いですといわれてしまいました。ニッカドが液漏れしたときに基板までまわったのでしょう。あきらめるしかないですね。


平成14年3月7日(木)   再度オークション


オークション関連の大きなニュースがあいついでいますね。楽天の料金体系変更、Yahoo!のシステム利用料導入、また、eBayの日本撤退などなど。ヤフーの出品手数料ですが、1品につき10円、最長10日まで期間設定できるので再出品しても月3回。結局一月1品30円で出品できるわけです。どこかのショッピングモールから比べればまだまだ格安といえますね。仮に50品だしても1月1,500円にしかなりません。これならば同一商品を多数のカテゴリーに出している業者は撤退しないでしょうね。なんとも微妙な手数料の金額です。ヤフー側はこれで前回の参加手数料と今回の出品手数料でボロ儲けですね。胴元だけ儲かって店子は赤字のショッピングモールと同じようにならないことを祈るばかりです。


平成14年3月6日(水)   歯医者にて


昨年10月頃から歯医者に通っているのですが、なかなか先生がもういいですと言ってくれません。ほぼ90%の治療は終了したのですが、歯垢をとったり、新たに発見した虫歯の治療をしたりですでに半年たちました。今日も通院日で、待合室の週刊誌を読んでいました。ある女性のライターの方が、川口新外務大臣について書かれていたのをふんふんと読んでいました。それによると、国会の答弁かなんかでバッチリスーツできめていた新大臣ですが、頭の後ろの髪の毛だけがボサボサ。きっとトイレでも鏡を見る暇もないんだろうなあと同情。東大卒でどこの省庁か忘れましたが官僚の経験もある才女で隙のない大臣がふとみせたボサボサ髪に好感をもてたと書いてありました。そしてこれがバリッとした服装で前髪もきちんとしているからこそなのであって、服はシワクチャ、頭も全部ボサボサではこうは思わないとも書いています。さすれば、私なんか鏡に向かうのは町の役の会合に出席するときくらい、服はしわくちゃ、ひげは夜風呂で剃るのみ。あ〜あ、これじゃあなあ。ぜんぶゆるみっぱなしの私には笑えない週刊誌の記事でした。


平成14年3月5日(火)   う〜む


基本的にテレビを見るのも好きな私は、夜はテレビをダラダラとみていて、ラジオは聞いていません。昼間はその反対でテレビはみないで、AMラジオとエアバンド聞きながら仕事をしています。自営業はこの点だけは融通がききます。そのかわり夜はだらだらとテレビを見ながらいつまでも仕事をすることにもなります。短波とかFMとか海外衛星TVはさらにその合間をぬっての受信となるのでほんのわずかですね。この前も同じようなこと書いたような気もしますが。今日は疲れて日記を書くのも思考回路が停止状況なので寝ます。おやすみなさい。


平成14年3月4日(月)   それはないでしょう


ヤフーオクーションからのメールにはぶったまげました。出品者にシステム利用料を1商品につき10円、さらにさらに落札システム利用料が落札金額の3%もかかるとのこと。再出品にも新たに利用料がかかるのも困りますね。落札されればまだしも、落札されなかったら10円ですが損しますもんねえ。今回のシステム変更は先回のオークションの参加有料化よりもキツイ感じがします。同一商品の大量出品者の排除を狙っているようですね。それにしてもこの改訂により出品数は大幅に減少するのではと思います。私もいろいろと出品していますが、今後はどうするか考えてしまいます。それでも楽天に高いお金だして店をだすよりはまだ安上がりの広告媒体ではあるでしょうが。706もさっさと出品したほうがよさそうです。


平成14年3月3日(日)   ひなまつり


ゼネコン準大手の佐藤工業も自主再建断念なんですね〜。バブルの華やかしきころのあの派手な株価はいったいなんだったのでしょうか。それにしても以前、巨額な借金の棒引きをしてもらったにもかかわらずこれですもんねえ。こういうのを死金というんでしょう。バブルといえばNTTの株価もバブルでしたよね(つかの間の)。確か1株110万円くらいで抽選で購入できたはずで、それが一時は300万円くらいの値がつきましたもんね。まだまだ上がると思った方は大損こいていると思います。かっこ、私は抽選にハズレマシタ、かっことじ。
コードレスホンの子機が2つあったはずなのですが、うち1個がどこにいったのか行方不明。先日706をオークションに出そうと思って外箱を蔵から出してきて中を見てびっくり。ここに子機がありました。でもなんでこんなところにはいってたんだろう。ニッカド電池が液漏れしてつかえませんでした。電池交換してどうにか普及させてヤレヤレ。これで便利にはなりました。


平成14年3月2日(土)   ひさびさ、う〜む


今日の午後は、E2(53.75MHz)でタイ?のテレビ音声が強力に長時間受信できました。久し振りのテレビ音声の受信でした。FMアンテナでいつもは受信しているのですが、IC-R7000につないである昨日も書きましたが144/430MHz用アローラインでも受信してみたら、なんと受信できるではありませんか!しかもFMアンテナよりノイズがなくて聞きやすかったのは何故?ちなみにアローラインでFM放送が受信できたのはFM新潟とかFM長野などの強力局だけでした。まあそれだけ今日のE2は強力だったのでしょうね。それにしても、いったいアンテナは何がよいのかわからなくなってきました。それにしても、おそるべし、アローラインともいえますね。


平成14年3月1日(金)   SP-3


今日から3月。最近、春一番というのを聞きませんね(キャンディーズの歌ではありません)。数年前に気象庁がそれまで毎年春一番が吹いた日を特定していましたが、それも廃止されましたもんね。確か今ごろ吹くんじゃなかったでしょうか。
さて、VU帯の分配器を欲しくて探していました。同軸切替器はみかけますが、スプリッターはほとんど見かけません。RFシステムのSP−3というのがあることは以前から知ってはいましたが、知り方が中途半端でした。移りの悪い写真を見ると片側にBNCのコネクタが3つあります。てっきり3分配できるものとばかり思っていました。名前もSP−3とあるではありませんか。これしか見つからなかったので、注文しました。1万3千円。BNC接栓というのが不便だなあとは思いましたけど。届いてみてびっくり。3つある接栓の1つはアンテナからのものだったんですね。2分配器だということを初めてここで気づいた次第。普通同社のSP−1のHF帯用分配器のようにコネクター接栓はアンテナ側と受信機側とで正反対の位置にしますよね〜。まあ、気をとりなおしてIC-R7000とIC-R7100とにつないでいます。分配しているアンテナは無線用にと買った144/430MHz用のアローラインとFMアンテナです。あと1台繋げたかったのは、先日手に入れたAX−700でした。



過去の日記を見る
平成14/3/1〜平成15/3/1
2002/2/1〜2002/2/28
2002/1/1〜2002/1/31
2001/11/1〜2001/12/31
2001/10/1〜2001/10/31
2001/9/1〜2001/9/30
2001/8/1〜2001/8/30
2001/7/1〜2001/7/31
2001/6/1〜2001/6/30
2001/4/1〜2001/5/31
2001/3/1〜2001/3/31
2001/2/1〜2001/2/28
2001/1/1〜2001/1/31
2000/12/1〜2000/12/31
2000/11/1〜2000/11/30
2000/10/1〜2000/10/31
2000/9/1〜2000/9/30
2000/8/1〜2000/8/31
2000/7/1〜2000/7/31
2000/5/24〜2000/6/30
2000/4/22〜2000/5/23
2000/3/18〜2000/4/21
2000/2/17〜2000/3/17
2000/1/17〜2000/2/16
1999/12/19〜2000/1/16
1999/11/19〜12/18
1999/10/20〜11/18
1999/9/25〜10/20
1999/8/26〜9/24
1999/7/24〜8/25

トップページに戻る