トップページに戻る    ラジオ日記
(毎日書くとはかぎりません、悪しからず。)


平成14年2月28日(木)   決別?惜別


ここしばらくほとんど使うことがなくなったアイコムの無線機IC−706MKU。このまま置いておいてもなあ〜。車に積んでもいいけど、営業職でもないし・・・。そこで、売ろうかと思っています。付属品とか箱とか取説をかき集めてオークション用に写真を撮りました。でも、まだ迷っているんです。売るかどうかを。思えば4アマの免許をとってどの無線機を買おうか迷った挙句に、HF帯と144も出れるし、ゼネカバで中波、短波、エアバンドも聞こえるとあって選択したのでした。とあるお店に電話して10W機を下さいと言ったのですが、100Wしか置いてません。どうせ買うなら100Wのほうが値段も同じだし、売るときも高くうれますよ。はっきりとは言いませんでしたが、別に100Wだしてもわかりませんよ。といわれて、まあしばらくはワッチに集中して、1年後には2アマを取ろうと心に決めたのでした。それでいわれるままに100W機を購入しました。その後2アマ受験は電信を覚えるのに挫折。706で1回も波を出すこともなく、幸か不幸かもっぱら受信のほうに心が傾いていったのでした。それでもこうして売ろうとしたときはやっぱり100W機購入して正解だったなあ〜と思います。う〜む、どうしよう。


平成14年2月27日(水)   花粉症


掲示板でもちらと書いたのですが、花粉症がひどくてダウン寸前です。風邪の症状の熱だけない状態ですが、鼻水タラタラです。家の裏山は杉の木林で、これらの木々が一斉に花粉を撒き散らしたらどうなるんだろうか今からとても心配です。さて、佐渡には民間のケーブルテレビが1社と私が住む町営のケーブルテレビの2つがあります。民間のケーブルテレビと町営のケーブルテレビは番組の供給などをしてそれぞれにリンクしあっております。おかげで町営のあまり面白くない番組の自主放送のほかに民間の自主放送も見ることが出来ます。この時期になると、ケーブルテレビのアナウンサーの移動があります。大体3年くらいで交代するようです。昨年は私も取材を受けた民間ケーブルTVのアナウンサーが島根県のNHKのディレクターとして移動。今年は町営のアナウンサーが仙台のNHKのリポーターとして移動します。どちらも栄転ですね。たぶんこれらのアナウンサーというのはレンタルでしょうが、NHKに移動するとなると一応NHK社員の身分になるのでしょうね。長年見慣れたアナウンサーがいなくなるのはさびしいのですが、一方、新しく来る人はどんな人なんだろうと期待してしまいます。


平成14年2月26日(火)   フェブリュアリィ


今月は28日でおしまいなんですね。サラリーマンのときはなんか1日とくしたようで嬉しかったですが、今は29日まであったらなあ〜と思います。数十年前の受験のときも確か2月は28日までしかなくて、あと1日あったらなあと思ったものでした。さて、KNBラジオの相本商店を聞いていたら、宮崎駿監督の千とちひろの神隠しがドイツのベルリン映画祭(だったっけ?)で金熊賞を受賞したことを話題にしていました。なんで熊なのかということでドイツ大使館に電話で聞いていました。結局ドイツ大使館の職員の方が調べたようですがほんとうの理由はよくわからないということで拍子抜けしました。いま車にはスカイセンサー6000を載せているのですが、短波放送は車のエンジンをかけていてもノイズは入らないんですね。中波はさすがにノイズだらけになりますが、短波については意外でした。VUはAR8000を載せていますが、もう少しデイスプレイが見やすいとよいのですけどね。


平成14年2月25日(月)   エロエロ


この日記を読んでいるほとんどの方が過去にモザイク編集機なるものを所有していたことがあるのではないでしょうか。今でこそインターネット、●ビデオなどが普及して見放題なアダルト関係ですが、15年前はそうはいかなかったですね。あやしげな通信販売の広告を頼りに、秘●ビデオなるものを注文して一日千秋の思いで待ちわびたものです。そしてやっと届いたものをビデオに差し込むのももどかしく、見てみるとダマサレタ〜という経験はどなたもが経験したことと思います。それ以降、たのんでもいないエッチビデオのDMが届くようになったりして、しっかりHビデオ購入者名簿に掲載されて同業者にまわっていることを思い知らされるのでした。そしてきわめつけがモザイク消し機。私も通販の広告を見て購入しました。でも見えそうで見えないんですよね。RL誌には想像力を働かせると見えたような気がすると書いてあったりして苦笑してしまいました。またモザイク部分にジョイスティックで位置を合わせなければいけないのも興ざめですよね。これだけで目は疲れるは、機器の操作に熱中して肝心なビデオの内容は上の空ということになってしまうのでした。やがて進化してリモコンのモザイク編集機が発売されたときは大笑いしました。結局1日使っただけでジャンク箱へ。昨年、オークションで1千円で落札されて第二の人生を送っているはずです。


平成14年2月24日(日)   ごめんなさい


今日は朝から晩まで忙しかったぴょん。というわけでこれにて寝ます。


平成14年2月23日(土)   次のサンデースポーツは誰がやるの?


今日はネタ切れの日で書くことはありません。昨日歯医者へいったときに待合室で週刊誌を見ていました。それによるとNHKの有働アナは4月からニュース10のスポーツ担当へ移動。そのニュース10の堀尾キャスターは降板。でも森田アナは続投。NHK始まって以来の巨乳の藤井アナはおはよう日本のスポーツへと移動。あ〜人事異動の季節なんですね〜。Nステに対抗してぼろ負けのNHKのニュース10ですが、久米さんと張り合えるアナはいないでしょうねえ。比較された堀尾アナはかわいそうでしたね。それにしても週刊誌には胸の大きく開いた服を着て男性の目を楽しませてくれた藤井アナがいなくなるので、視聴率は落ちるのではと書いてありましたが、ちょつとちがうんでないの?と、くだらない話でしたが今夜の日記を埋めることができてヤレヤレ。ところで、サタデー・サンデースポーツは誰が担当するんだろう。ひょつとして與芝アナだったらえらいこっちゃ。


平成14年2月22日(金)   ネタ切れ企画佐渡の紹介 Vol.10 関岬灯台




相川町の関岬にあるのがこの関岬灯台です。牛の放牧場もあり、またキャンプ場も整備されています。ここにもテレビの再送信の中継所があります。ここは相川町以外の佐渡の人はあまり知らないないのではと思います。さて、灯台に興味を持つようになったのは船舶気象通報を聞くようになったからだというのは以前書きましたね。当時はこの受信報告書を出そうにもそのあて先がわかりませんでした。海上保安庁に問い合せるのもなんだかタライ回しにされそうなので、そこで社団法人の燈光会という組織があることに気付きここに問い合せてみました。親切にもワープロ打ちでわざわざ全ての船舶気象局の住所を送付していただきました。その後、ラジオの製作誌でこの住所を掲載したりしていましたけどね。もう5年以上も前のことではないかと思います。IC−706MK2+GMDSSで大阪ハーバーレーダ以外はすべて受信しました。大阪局は確か放送時間が夕方しかなかったので会社勤めで聞けなかったように思います。これ以前のラジオ復活のきっかけは、東京に出張したときに秋葉に寄ったときにソニーのICF−SW100Sを衝動買いしたことに始まります。これでAM中波全局受信に励みましたが、これはいまだ達成されてませんね。あ〜また、誰かから懐古趣味が始まったと揶揄されそうですな。ここらでやめておきます。


平成14年2月21日(木)   マスプロ


中国の地上波テレビなど周波数が50メガ近辺のチャンネルを受信するアンテナとしてクリエイトのログペリが定評のあることは百も承知なのです。が、いかんせん価格が高すぎますね。テレビの受信に数万円もアンテナにお金をつぎ込むのもなあ〜(じゃあ、ラジオだといいのか?)と思って、外国のテレビアンテナを販売していないか秋葉の免税店に問い合せてみたのですがアンテナだけは取り扱っていませんとのご返事。マスプロアンテナのHPには海外向けに家庭用のVHFローバンド専用のテレビアンテナが掲載されています。日本で売ってくれないかマスプロのお客様相談室に電話してみたのですが・・・。取り次いでくれた先は海外事業部のお方。まず、海外の輸出アンテナは受注生産で100本単位での注文でなければ受け付けないとのこと。当然日本に在庫などありません。その担当の方から日本では中国などのテレビは受信できませんので、海外からわざわざ逆輸入してもムダですよと言われてしまいました。私が、そうでしょうけど、でもEスポで見ることもできるのですが、と話しました。するとそれはAM放送のことでEスポでもテレビの電波は直進するので突き抜けるからうつるわけない、そんなことも知らないの?という口ぶり。あ〜、これ以上話してもらちがあきませんので、早々に電話を切りました。アンテナ会社の技術系以外の方の電波の認識はこの程度のものだということがよくわかりました、ハイ。


平成14年2月20日(水)   軟膏


アジアサット2号機からのデジタル放送で、中国の地方テレビをいくつか見ることができます。先日、このCMを見ていたら、傷口の痕がのこっている皮膚に宣伝している軟膏をすりこむと、あらら不思議なんとその傷跡があとかたもなく消えてツルツルのお肌になるのでした。ほんとかなあ〜なんか胡散臭いなあ〜と思いましたが、中国3000年の歴史があるならそんな秘薬もあるのかしらんと思ったのでした。日本だったら誇大広告でJAROに訴えられそうです。
よく海外のTVを見ているというと、言葉がわからないのに見ていて面白い?と聞かれます。確かに言葉はわからないのですが、テレビは映像を見ることができますのでドラマでも中国の時代劇でもなんとなくストリーがわかるのです。大体悪役とそれをやっつけるヒーロー役がでてくるのはどこの国も同じですね。ドイツとかフランスのテレビは見ていてやっぱりカッコイイなあ〜と思いますが、笑わせてくれるのはやっぱり中国のテレビですね。このへんは後日紹介しましょう。


平成14年2月19日(火)   プロジェクトXネタ


今夜のプロジェクトXは風力発電のプロジェクトの話でしたね。山形県の立川町の話ですが興味をもって見ていました。いまでこそあちこちの自治体で風力発電の風車が回っている光景をみることができますが、取上げられた立川町は日本で始めてということで大変だったようですね。なんでも一番最初は前例がないなど大変な目をみます。その点2番手はリスクがないので楽です。真似すればいいのですから。この番組をみるとネバーギブアップというのをつくづく感じます。ところで、佐渡にも風力発電の実験用と観光をかねて1基風車が回っているところがあります。金井町の大佐度スカイラインの途中に設置されたのは3年くらい前でしたでしょうか。設置自体はスンナリいったようです。しかし、大佐度山脈の金北山には航空自衛隊のレーダーが設置されており、これに風車のノイズがはいるという問題が出てきました。これにより一時ストップ。メーカーも予想外だったようです。町側は新たな対策費用がかかることになり、しばらく話題にもなりましたが、私はすぐに忘れてしまいました。現在風車が回っているのが国中平野からも目がよい人は見えます。きっとノイズ対策がなされたんでしょうね。
話はそれていきますが、山形の風車は竹下総理が各自治体に一律1億円配布したのを使ったと紹介されていました。私の町はその1億円は温泉に使いました。これが町民にも他の町村にも好評でしばらくはバスを連ねてやってきて盛況でした。やがて佐渡のどの市長村も自前で温泉を作り、佐渡じゅう温泉だらけという笑えない話になったのでした。万事がこの調子で夏の花火もあちこちで中規模のものが上がりますが、ど〜んと大きなものは新潟か長岡までいかないと見れません。いま、市町村合併がここ佐渡でも論議されていますが、やっぱり佐渡は1つのほうがいいかも。まあ、佐渡以外の人たちから見れば佐渡は佐渡だと思っているんでしょうけどね。


平成14年2月18日(月)   信越放送の謎


今月号のABが届きました。独眼竜のコラムで「民放50年間の発展」という記事が掲載されています。ここで今年開局50周年を迎えるいくつかの民放局を紹介しています。その中に信越放送もありました。これを読んで以前から疑問に思っていたなぜ長野県の放送局に「信越」の「越」の文字が入っているのかがおぼろげながら理解できました。以下マガジンランドのABの独眼竜のコラムを引用させていただきます。

『信越放送は50年前の2月29日に試験電波を発信したが試験電波の局名は「信濃放送」になっていた。試験電波はわずか500Wの出力だったため新潟県へ届くとは思えないが、信濃(長野県)と越後(新潟県)の頭文字を合わせた「信越放送」へ変更することが本放送開始17日前に決定。「信越放送」と明記された本免許は開局の前日に交付された。試験放送のときと本放送の局名が違うというのは他に例がない。』

ということで、当時の役人が電波がスピルオーバーして新潟県側にも届くかもしれないと配慮したんですね。なるほどこれで疑問がとけました。ところで県境というのはどちらの県の放送局もきれいに受信できるのでしょうかね。山があるようなところが県境の場合はどちらもあまり受信状況がよくないようにも思いますが。県境付近にお住いの方に聞いてみたいですね。
さて、もとに戻ってABの独眼竜はいったいどういうお方が執筆されているのでしょうか?


平成14年2月17日(日)   今日もネタ切れ企画佐渡の紹介 Vol.9 入埼灯台


もうこんな時間になってしまったのですがネタがでないので、灯台の紹介にしました。相川町にある入埼灯台です。マイナーな灯台のため探すのに苦労した記憶があります。松林の中の細い道を上り詰めたところにありました。ごらんのようにNHKとBSNのテレビ中継所?があります。相川町は大佐渡山脈の裏側に町が開けていますので、新潟からの電波はどこかで中継しないと受信できないのです。レドームに覆われたパラボラでどこかの中継所からの電波を受けて、上にある八木アンテナで再送信しているのでしょうかね?さて、この入埼灯台は入り埼沖の御子岩照射灯とも表札?には併記してありました。ずんぐりむっくりの容姿ですが、しっかりと沖の岩を照らしてくれているんでしょうね。


平成14年2月16日(土)   久々ネタ切れ企画佐渡の紹介 Vol.8 佐渡長手岬灯台




相川町橘にある長手岬は佐渡の観光名所としても有名です。ここの海岸に佐渡長手岬灯台は立っています。この灯台は全国でも珍しい風力発電による灯台なのです。地球にやさしく自然のエネルギーを利用する佐渡ならではの灯台ではないでしょうか。普通の灯台は高台にありますが、これは岩場で海面から1メートルもないところに立っています。冬場はもろに波をかぶるのではと思います(冬に見に行ったことがないので・・・)。ここ長手岬は日本海深く突き出た岬で、ここから見る夕日の眺めは素晴らしいです。ここら一帯は海中公園で、海水浴場・キャンプ場としても絶好の場所となっています。


平成14年2月14日(木)   パンダワン


今夜もフィリピンでしょうか、A2,A3,A4でテレビ音声が聞こえています。A2は強力ですね。しかし映像ににはなりません。アジアサット3S号からのスターテレビのアナログ放送番組「Vチャンネル」を見て(聞いて?)いたりします。昔はMTVを放送していて人気もあったのですが、いつのころから中国系アーティストのビデオクリップを多くながすVチャンネルに変わったのです。日本のミュージシャンのビデオクリップもよくでており、私は鬼塚ちひろとかミーシャ、グレイ(カタカナでしか書けないのがおじさんの悲しさ)などラジオではよく聞くのですが、実物は見たことがなく、ここで初めて見ることができました。昔から衛星TVを見ていた方にはご存知だと思いますが、スターテレビの音声は普通のFM音声ではなくて「パンダワン」というドルビイシステム並みの音響効果を発揮する復調方式を採用しております。ですからVチャンネルもステレオアンプを通してそれなりの設備で聴くとド迫力になるといわれています。海外の衛星チューナーにはこのパンダワンは採用されているのが普通ですが、日本のCSチューナーには未対応のものが多かったですね。それにしても一昔前の話題でした。パンダワンという名前もいかにも香港・中国らしい名前ですよね。と私は思っているのですが、きちんとしたいわれのある略称なのかもしれません。動物園のパンダとはちがうのかなあ?


平成14年2月13日(水)   花火


NHKの地球に乾杯という番組を見ていました。中国上海でAPECに来られた要人に見せるアトラクションの花火を上げるドキュメンタリーでしたが、その花火のきれいなこと。しばしテレビなのに見とれてしまいました。日本の花火とはちがいました。中国では爆竹がこのまれるように、動きのある花火が人気あるようです。それにしても中国の海や川はどうしてあんなに濁っているんでしょうか?数年前、香港からマカオにジェット高速船で渡りましたが、そのときの海の色も濁って茶色でした。日本のきれいなブルーの海や澄んだ川の流れをみた目には異様に感じるのは私だけでしょうか?


平成14年2月12日(火)   必勝


ここではありませんが自分のサイトでプレゼントアンケートを行っています。自分で懸賞を企画するとどういう回答が選ばれやすいかがわかってきます。まず、当たり前ですが、アンケートには全て答えましょう。また感想の欄はかならず書きましょう。ホームページを隅々まで見ないと書けないような意見や感想を書いてくれると嬉しいものです。迎合する意見でなくても建設的な批判であればOKです。何回も続けて送信ボタンを押す人がいますが、速攻で削除です。また家族名で同じ内容のものもまずダメです。数うちゃ当たる方式は通用しません。意外にしっかりと見ているものです。またメルマガ購読があれば必ずYESにチェックすること(後で解除すればよし)。簡単なようですが、このような方はあまりいないのが現実です。時間はかかりますがHPをよく見てあげて感想をかきましょう。
車が車検なのですが、雪が降ったりしてRV車をいま手放したくありません。どこまで引き伸ばせるかです。お金もかかるし、ノーマルタイヤの溝もなくなっているのでタイヤも春になれば買い換えないといけません。ふ〜〜〜〜〜う。


平成14年2月11日(月)   紀元節


今夜は当地でもA2,A3,A4のテレビ音声が受信できました。いままで使ってきたICR-7100はどうも操作感がしっくりせず、また感度も疑問なことからスッカリVUDX受信から遠ざかっていました(自分の怠慢を棚に上げてリグのせいにする私であった)。そこで昔のRL誌で評価が高かったICR-7000を入手しました。ICR-8500やAR-5000を買うお金もないのでとりあえずはこれで試してみるつもりです。実際、同一アンテナを分配して両者を聞き比べてみると7000でははっきりとA3の音声が聞こえるのに、7100だと気おつけて聞かないと音声を受信しているとはきづきません。7100の操作で致命的なのはスキャンが片手で操作できないんです。ボタンを押しながらダイヤルを回してバンクを選択するというのはどうもなじめません。馴れてしまえばそれまでなんですけどね。まあ、エアバンドと消防のスキャンに置いておきます。それに比べて7000はアナログ感覚で直感的に使えて楽です。ただ、昔の機種ですのでメモリーが100chしかないのが残念です。ICR-7100用に購入したテレビアダプターですが、7000にも接続できて使えたのはラッキーでした。


平成14年2月10日(日)   オリンピック


朝起きてみたら、いきなり里谷さんがフリースタイルモーグルで銅メダル。オリンピックはいきなり盛り上がっていますね。このモーグルの解説者ですが、私ら観客と一緒で、いいぞ、いいぞ、すごい、の連発。興奮するのはわかりますが、きちんと解説しましょうね。上村愛子さん、解説ではすごい点数がでそうな感じでしたが、結果は6位でメダルのがしましたもんねえ。かわいそう。
さて、ここ2年くらいはやってませんが、以前は律儀にRL誌やAB誌のラジオ・おもしろ無線関係の記事のページを破いてクリアファイルに保管していました。ほかに衛星TV関係もクリッピングしていたのですが、今これを見てみるとなかなか役立ちます。オークションに出ている受信機の評価など参考になりますね。また、以前はラジオ関係の記事が多かったことにも気付かされます。今はド〜モネー。また現在ネット上でご活躍の方の名前も投稿者としてちらほらみかけます。なんか懐かしいような妙な気分ですね。


平成14年2月9日(土)   寝言たわごと


佐渡島内では1番といわれるホテルで1泊した新年会ですが、終ってみれば眠くてしょうがありません。2次会も終り、あとは寝るだけと割り振られた5人部屋に行きました。1人だけまだ飲んでいるのかこなくて(どこでもこういう方っていますよね)まあ、眠いので寝たのですが・・・。1時間たったでしょうか、かなり酔っ払った様子で戻ってきた気配しました。その方は布団にはいって寝たようでしたが、しばらくすると寝言がひどい。いきなり大きな声で演説を始めたり、関連している仕事の心得をぶったり、大迷惑。眠れたのは明け方だったのではないでしょうか?翌朝はそのおじさんがいなくなると、4人で昨夜の寝言の話でもちきり。みなさん、眠れなかったようです。
FM放送の下の周波数あたりをチューニングダイヤルを回していたら、68.295MHzで対岸の糸魚川市の防災行政無線が受信できました。今日だけたまたま受信できたのかよくわかりませんが、初めて防災無線というものを聞けてよかったです。


平成14年2月7日(木)   しゃぶりつくせない


このところほとんど使っていなかったヤエスのハンディー無線機VX−5。オークションにだして、その代金であと1台AR8000を落札する資金にしようかと思い、久し振りに3日前から機能が正常に働くか使っています。この機種の欠点は各キーがどんな役割をするのか取り説を暗記しないとわからないことです。これがしばらくすると忘れてしまい、めんどうくさくなってヤ〜メタとなるんですよね〜。この点ではAORのAR8000はすぐにわかるキー配置・役割になっておりとても使いやすいのです。それでも外に出るときなど、VX−5をベルトに着けてエアーバンドなど聴くにはちょうどよい大きさでかつ頑丈なので重宝します。スキャンもサーチもバンクの概念もありまた早いですし、感度もいい。無線機にしてはパスメモリーもある。などなど、やっぱり売るのやめようということになりました。暇はあり余るほどあるが金がなくて、1台しかラジオがなかった中学生のころは、そのラジオの機能をしゃぶりつくして使いこんだものですね。今となっては部屋のあちらこちらに受信機、ラジオ、無線機があり、どれも中途半端に使うだけで、その機能を使いこなせていない自分に反省しております。
 明日は泊りがけである町役の新年会があります。あまり気がのりませんがいってきます。日記はお休みしますのであしからず。


平成14年2月6日(水)   カーステレオのスピーカから発火


今夜のNHKニュース10を見ていたら、標記のような特集を組んでいました。運転中に車のカーステレオを聞いていたら、そのスピーカーの部分から発煙そして発火という事故が国に報告があっただけで29件あったそうです。この原因としてカーステレオの本体の直流を交流に変換するコンデンサーが故障するとスピーカーに異常電流が流れることが実験でわかったようです。通常であれば約2Vの交流がスピーカーに出力されるのが、コンデンサー不良により12Vの直流が混ざって出力されていました。これにより、スピーカーのコイルが発熱しやがって発火してコーン紙や本体を焼くのでした。このコンデンサーが故障する原因として走行中の振動や季節の温度変化をあげていました。ソニーとアルパインは回収にのりだしたようですが、残りのメーカーは動いておりません。各メーカーとも対策はしているのですがその時期がマチマチだそうです。スピーカーが燃える兆候として、音が小さくこもる、音がブツブツとぎれる、こげくさいにおいがする、などの症状がみられるとのことです。私の車も10年乗っていますし、のれば必ずラジオはつけます。また雪のついたままの靴で乗り込んだりしますので、なんかそろそろヤバイかなとも思ってしまいます。


平成14年2月5日(火)   ネタ切れ企画佐渡の紹介 Vol.7 沢崎鼻灯台


佐渡の最南端に立つ灯台で、私のお気に入りの灯台でもあります。小木の岬に位置し、灯台の下には海底火山の溶岩が冷えて固まった沈状溶岩の台地が広がっています。
海上保安庁の「船舶気象通報」の中にこの沢崎鼻灯台(佐渡ではあと弾埼灯台もそう)の観測データーも放送されていますよね。これら佐渡で観測されたデータは新潟市関谷にある「新潟ロラン航路標識事務所」で編集して粟島!から無線で放送されています。でもなんでわざわざ粟島から送信なのでしょうね?。第9管区海上保安本部(新潟・富山・石川)で佐渡のほかに船舶気象通報を行っているのは石川県輪島市の舳倉島灯台があります。
船舶気象通報の利用の仕方ですが、数時間後の天気予報につかえます。日本の天気は西から東へと移り変わるのが普通です。自分が住んでいる所より西の船舶気象通報を利用すれば、何時間後に自分が住んでいるところの気象の目安となります。私のところでは舳倉島灯台の気象状況が3時間で新潟沖の気象になるといわれています。


平成14年2月4日(月)   う〜む


とりたてて書くこともありませんが、ソルトレーク(でしたっけ?)でのオリンピックがもうすぐ始まるようですね。しかしほとんど盛り上がっていませんね。こんなもんでしょうか。始まって金メダルでもとったら一気に盛り上がるのでしょうけど。


平成14年2月3日(日)   FM


久し振りにFM放送を聞いてみる。89.4MHzで京都のα-stationがあいかわらず受信できています。飛騨山脈での山岳回析で当地佐渡まで届いているのでしょうが、はるばるやって来てくれる電波をナデナデしてやりたくなりますね。ならばFM大阪やKiss-FM KOBEが聞こえるかというとNO。地元局がおおいばりで居座っていますもんね。おっと、78.9MHzでFM三重も受信できています。これも中央アルプス超えの回析波でしょうか。


平成14年2月2日(土)   大汗


道路の脇に車をとめて、その上にあるさる方のお宅へ伺った。用事もすんでヤレヤレ、さあ帰ろうと車のエンジンキーを回す。????・・・ウンともスンともいわない!エンジンがかからないのである。バッテリー上がりではないようで、前にもコノ症状を体験したことが脳裏をよぎりました。ブレキーペダルがロックされているような感じです。今までの経験ではしばらくほっとくとエンジンがかかるようになるので30分待ってみましたが、やっぱりエンジンはかかりません。しょうがなく修理工場に電話して来てもらうことに。土曜日でしたが、営業しており来てくれることになりました。ホットしてためしにあと1回キーを回すとなんとエンジンがかかってしまいました(ドースル)。10分後にわざわざ来てくれた修理工場のお兄〜さんにひきつった笑いをつくりながら、「なおってしまいました」と状況を説明しながら冷や汗タラタラ流しておりました。こんなもんなんですよね〜。
汗といえば、最初に就職した製菓会社の営業研修を思い出しました。スーパーの販売促進ということで、パンダのぬいぐるみの中に入って店内で踊ったのでした。確か9月頃の残暑がまだ厳しい中だったように思います。山梨の田舎のスーパーでしたが、ガキには蹴られ、暑いしおまけに臭いで大変でした。30分店内で踊って1時間休むというパターンで何回もやって流石にグッタリしてしまいました。お店のおばちゃんから1杯のコップの水をいただいたのですが、ほんとにおいしかった!


平成14年2月1日(金)   衛星テレビ


アジサット3S号からのhoenix Chineseでは一昔前の日本の人気テレビ番組を放送しています。中国語字幕スーパーが出ています。写真は「ショムニ」をやっていました。外国のテレビで日本の番組を見るというのも不思議な感覚です。海外衛星テレビはデジタル化が著しく、受信の方法もシンボレートとか合わせなくてはならず、よくわかりません。相変わらずチューナーに最初からプリセットされている番組しか見ていません。アナログのときはよく見ていたCCTVはデジタルへ移行したため受信できません。というかきちんとチューナーとアンテナの方角、偏波をあわせれば受信できるのでしょうがめんどくさいのとやり方がイマイチわからないのです。CCTVはときたま中国の風景など紹介したりしてよかったんですけどね。




過去の日記を見る
2002/1/1〜2002/1/31
2001/11/1〜2001/12/31
2001/10/1〜2001/10/31
2001/9/1〜2001/9/30
2001/8/1〜2001/8/30
2001/7/1〜2001/7/31
2001/6/1〜2001/6/30
2001/4/1〜2001/5/31
2001/3/1〜2001/3/31
2001/2/1〜2001/2/28
2001/1/1〜2001/1/31
2000/12/1〜2000/12/31
2000/11/1〜2000/11/30
2000/10/1〜2000/10/31
2000/9/1〜2000/9/30
2000/8/1〜2000/8/31
2000/7/1〜2000/7/31
2000/5/24〜2000/6/30
2000/4/22〜2000/5/23
2000/3/18〜2000/4/21
2000/2/17〜2000/3/17
2000/1/17〜2000/2/16
1999/12/19〜2000/1/16
1999/11/19〜12/18
1999/10/20〜11/18
1999/9/25〜10/20
1999/8/26〜9/24
1999/7/24〜8/25

トップページに戻る