トップページに戻る
ラジオ日記(毎日書くとはかぎりません、悪しからず。)


平成13年6月30日(土)   回復


日照電視台を受信しました。一日雨降りの天気でしたが、テレビのほうは弱いながらもいくつかの映像を見ることが出来ました。体温は平熱近くまで下がり、悪寒や筋肉痛はうそのようになくなりました。ということで、テレビも見ていたのですが、砂の嵐から同期が流れての画面を見つづけていると、頭が痛くなります。視力もおちるんでしょうね。ビデオキャプチャーなるものをもってないので、画面を記録するのもデジカメ。砂嵐のテレビを見ていて映像が受信できるようになったら、おもむろにデジカメを手にもってしばしテレビの前にかまえて待っております。うまく撮れればいいのですが、結局画像にならないときは、ほとほと疲れることもあります。今度から三脚くらいは購入しようと思います。


平成13年6月29日(金)   雷


昨日、ホームセンターでコピー用紙を購入したのですが、再生紙のものが450円、新品のものが250円でした。これだけ価格差があると再生紙購入はためらわれます。私は安いほうを買いましたが・・・。
さて、午前中鎌で草刈をしていたのですが、立ちくらみはするわ、息が上がるわで汗びっしょりかいてヘトヘトになりました。朝起きたときからダルさはあったのですが、未明の雷がすごくて(光、音とも)睡眠不足かなと思ったのです。話題がはずれてしまいますが、昨夜の雷はものすごくて、停電もしました。つくづく音よりも光のほうが早く伝達することを実感しました。花火といい勝負ですね。あ〜、話がそれました。結局午後、体温計で測ったら37.8℃あり、夏風邪をひいたようです。お腹の腹筋が痛くてしょうがありません。ここ数年、風邪をひかないのが自慢の種でしたが、油断してしまいました。ということで今夜は早く寝ます。


平成13年6月28日(木)   ヒアリング力


あてどもなくダイヤルを回して受信できた放送局をどこの局だろうとしばらく聞いてみる。しばらくするとちゃんとIDが英語で出るのであるが、聞き取れないのである。しかもかなり良好に受信できているのにもかかわらず。カセットに録音して聞いてみても聞き取れない(情けない!)。ヒアリング力がないのか単に耳が遠くなってしまったのか(笑)よくわからないが、でも向こうの発音も相当に悪いのとちがう?


平成13年6月27日(水)   今日は一日雨降りだ〜


スタンダードと日本マランツがJAIA(日本アマチュア無線機器工業会)を脱会したようですね。ということはあの悪しきJマーク付きの歯抜け受信帯域が今後は同社の受信機にはないことを願いたいですね。次々と脱退社がでてくるのではないでしょうか。これと似た現象はあのペットボトルの500mlサイズの出現がありました。当時500mlペットボトルは飲料業界規則で発売しないとの規定であったのですが、飲料業界の会派に入ってなかった、菓子メーカーのブルボンがうちは関係ないということで発売にふみきったのでした。これが便利ということで売れに売れた結果、結局他社も追随せざるをえなかったのは現状のスーパーの飲料コーナーをみればあきらかですね。横並び日本で抜け駆けは潰されるのが常ではありますが、儲かるとなると後を追いかけてしまうのもまた日本的ですね。


平成13年6月26日(火)   あじさいばし


梅雨の季節の定番曲として城の内さなえの「紫陽花橋」がラジオからよく聞こえてきます。いい曲ですネ。さて、カーラジオでSWが受信できるものがあるなんて初めてしりました。オークションで出ていますが、日産シーマについていたものだそうです。そんな高級自動車とは縁がないので今まで知らないでいました。カーラジオを家で聞くようにするのって結構大変なんですよね。安定化電源がいるし、スピカー、アンテナ、電源の端子が独特でしょう。以前、ヤフオクで購入したのが故障品だったのを知らず、鳴らないと苦戦した苦い体験がよみがえってきます。


平成13年6月25日(月)   一発太郎?


RL誌の今月号が届きました。対馬で韓国の地上波テレビを見る、のドキュメントは見ごたえありました。対馬から韓国まで近いところで50kmなら地上波は直接波で楽勝で見れるでしょうね。佐渡−新潟間も近いところなら同じ距離ですもん。AR5000+TV5000の組み合わせ受信もうまくいったようですが、アイコムの受信機+TVコンバータとどちらが感度よく映像になるか知りたいところです。
さて、iモード用のHP(このHPではないんだけど)を作成したので、検索サイトを片っ端から登録しているところです。といっても、パソコンから携帯サイトへアクセスして登録しているのですが。iモード専用の検索サイトも意外に多く1000以上あるようです!パソコン用HPの検索サイトを一括登録できる一発太郎のような便利なサイトがiモードにはないようです(知らないだけなのかもしれませんが)。CGIの知識が豊富であれば、iモード版一発太郎を作れば儲かるんじゃないかと思いますが、誰か作ってくれませんか。


平成13年6月24日(日)   FMはあちこち聞こえていましたね


144/430MHz用のサガ電子のアローラインをエアバンド、消防無線用に繋いでいるのですが、PCR−1000まで20メートルの同軸ケーブルを引き回しています。これをつないだまま、短波や中波を受信するとあらら不思議、ゲインは落ちますがちゃんと受信できるではありませんか。同軸ケーブルが電波をひろっているんでしょうね。何故か、下手なワイヤーアンテナより雑音が減って聞き取りやすくなるのは、怪我の巧妙というやつでしょうか。さて、久し振りにTen-Tecのキットでつくった再生式ラジオをいじっていました。アンテナはAN−1をつないでアンプのスイッチを入れると混変調のあらしになってしまうので、アンプを切って受信しました。お遊びで使うには十分な感度です。これで、外付けのプリセレやらループANTを使って、どれくらいまでDX受信できるか試してみるのも面白いですね。ゲルマラジオでのDX受信なんてのもやってみたい実験のひとつです。


平成13年6月23日(土)   ひまわり娘


古本屋の定番サイトである紫式部で本を検索していたら、私がオークションで出品している本が結構良い値をつけていることを発見しました。だけど、オークションでは300円でも買値がつかず回転ずし状態。う〜ん、古書店の価値観と実際の購入者の価値観がズレているんですね。アイドルものの(といっても私の場合、山口百恵とか桜田淳子であるが)雑誌である月刊平凡とか明星は当時の本はほとんど売り切れていました。写真集はこれまた結構な値段がついていて、これならオークションで探したほうが安いかなといった感じです。小学生だったころ買った明星の付録の天地真理(相当古い!)の特大ポスターが我が家のかべにまだ貼ってあります。当時、スター誕生で歌手になった伊藤咲子の「ひまわり娘」という歌が大好きな私でありました。この曲ですが、これから夏にむかってラジオでよくかけてくれるのは嬉しいなあ〜。今日はねた切れで、文章も支離滅裂だよ〜ん。


平成13年6月22日(金)   今度はB社が


遺伝子組換ジャガイモはなんと新潟のB社も使用していたことが判明、製品の回収となっています。このB社、実は卒業して初めて就職した会社なのであ〜る。ここでサラリーマンのなんたるかを教えてもらったのであるが、今思い出してもよく働いた4年間でありました。このころはまだ、土曜日が休みでなくて、休みは日曜日だけ。その休みの日は当時ローンで買った車で長野や金沢へドライブに行っていました。私にとってこの時期はラジオはまったくの空白期間でした。テレビさえ見なかった(見れなかった?)くらいですから。まったく世間の情報と隔離されたような期間でした。そして仕事で明け暮れたB社を後にして佐渡にUターンしたのでした。


平成13年6月21日(木)   じゃがりこ


今日は夏至。これから、徐々に日が短くなっていくというのがどうも実感できません。さて、カルビーの「じゃがりこ」が原料の輸入冷凍じゃがいもが、遺伝子組換のものが混入していたことが判明し、回収さわぎになっていますね。きちんと証明書をとっていたカルビー側に同情もしますが、この証明書こそ胡散臭いものはありません。いやな言葉ですが捏造なんて簡単ですもん。これほど話題になっている遺伝子組替作物のことですから、カルビーも自社で調査すべきでしたね。害虫耐性をもたせた作物の開発で一儲けをたくらんだ米国のメーカーの思惑ははずれましたね。いきすぎた技術開発は受け入れられないこともあるようです。これは農業の話しですが、電気・電波技術についても同じことが言えるのではと感じています。


平成13年6月20日(水)   迷路


読者の方から何かおすすめのラジオは?という質問がきたので、SONYのHPへいってきたのですが、相変わらずわかりずらいホームページです。とくにラジオのページは探すのに一苦労してしまいます。もう何度も訪れているのですがいまだに、サイト構成がつかめません。さまよっているうちに、ラジオの取説をダウンロードできるページがあることに気づきましたが、私らが欲しがっている当時のBCLラジオの取説はありませんでした。取説といえば、中国の方からJRCのNRD545の取説を紛失したので、取り寄せて送付して欲しいという依頼メールがあり、取り寄せたのであるが、なんと2,500円もしました。しかもコピー。JRCも余分に取説くらい印刷しておけばいいのに、ケチなのかしっかりしているといおうか社風がこんなところからも垣間見れますね


平成13年6月19日(火)   金田一辞書


久し振りにUniversal Radio, Inc.のHPを見に行ったら、RFシステムズで長波専用のアクティブアンテナ(LFA520)を販売しているのに気づきました。http://www.universal-radio.com/catalog/lwant/3060.html
このほかにも中波のあやしげなループANTみたいなのもあって興味もちました(でもミズホのループのほうが上なんだろうけど)。
さて、今夜のプロジェクトXの広辞苑物語を見ながら一人涙しておりました(年のせいか涙もろくなってきました)。というわけで、広辞苑は持っていませんので、中学生のころ使っていた金田一京助編の国語辞典で「ラジオ」を引いてみました。「電波を利用して受信機を持つ人に音楽・公演・演芸などを放送するもの」とありました。パソコンについていたグランド辞スパは「セ電波を用いる通信方式。ソ放送局から音声を電波にのせて放送し、受信機によって聴取者がその音声を受信して聞けるようにしたもの。また、その番組(の内容)。」とありましたが、金田一先生の解説のほうが何かあじわいがありますね。「音楽・公演・演芸」と具体的にしたところがイイデスね。ニュースを入れなかったのは何故でしょう?きっと娯楽のメディアだったんでしょう(当時は)。もう数年たちデジタル方式になったら、またラジオの意味も進化していくんでしょうね。


平成13年6月18日(月)   う〜む


今日はネタ切れでや〜めた、と思ったのであるが、地元新聞の新潟日報をながめていたら、BSN新潟放送の広告が目につきました。「聞いて得する100万円ラジオ 中部4局夏の大感謝祭!」のロゴが踊っています。この中部4局とは新潟放送、信越放送、山梨放送、静岡放送との説明が記載してあります。信越放送は隣県なのでわかりますが、山梨・静岡両県とは縁遠いとしか感じません。なぜ、この4県で同時生放送を提携したのか不思議でなりません。石川を中心とした福井、富山の北陸3県は仲間意識が強く、同じ北陸地方に属する新潟はカヤの外です。かといって東北地方(東北電力管内)にも属しますが、こちらとの提携も聞いたことがありません。まあ、どこからも相手にされず、独立独歩、わが道をゆくで、FM放送局が乱立という結果になったというのは穿ったみかたでしょうか。と、すごい結論を導き出してしまいました。


平成13年6月17日(日)   受信あれこれ


朝の8時ころ、福建電視台が白黒画面ながら良好に受信できていましたが、10時ころになるともうフェードアウトしていました。あとは、さっぱり。67.190MHzで終日NHKラジオ石川の第1放送のSTLが受信できています。現在も昼間より良好に聞こえております。あと、エアーバンドをスキャンしていたら130?メガあたりで、テレビ音声らしきものがはいってきて、AMでなくFM波。しばらく聞いていたらワウワウの音声を受信していることが判明。どうやらケーブルテレビの漏れ電波を受信しているらしい。


平成13年6月16日(土)   整理整頓


部屋の片隅に無雑作に積み上げてあったラジオの製作誌を、蔵(米が保管してある)の中に本棚を入れて、ようやく片付けた。目次にアップしてない号もあったのだが、どれかわからなくなってしまい、ダブリで手に入れたりして効率も経済的にも悪いので、重い腰をあげてようやく今日整理しました。さて、きまぐれにまたWXSATを動かしてHF帯のラジオFAXを受信しています。しかし、中々天気図が出てきません。たしか時間があったんだっけ。調べてみなくては。


平成13年6月15日(金)   雑誌広告


ラジオの製作誌の目次をセッセッと作成していた冬のころ、ついでに当時のBCLラジオの雑誌広告をコピーしていました。ソニー、松下、その他、受信機とわけて簡易製本にして資料集を作成しました。本当は、本文記事で各機種ごとの説明ページも一緒にまとめられれば理想でしたが、これまた探すのに苦労するのであとにしました。カタログとはちがった雑誌広告独特のものがあり、見ていて飽きません。たとえばICF-6800では「技術者の証言」と題して、何回かシリーズでその内容が変わっています。松下のクーガ2200ではアンテナの張り方から、スペック、カップラーの話などなどシリーズで内容を変えて連載しています。松下のは豪華なカラー折込広告もあって、これはとてもきれいでパネルにしてポスターとして飾っておきたい誘惑にかられます。


平成13年6月14日(木)   小泉メルマガその2


今日のラジオの話題は、小泉メルマガの話でもちきりでした。テレビのニュースでも取上げられるのですからこの企画は大当たりといったところでしょう。私のところにも朝一番で配信されてきました。24時間公人の小泉首相はどこへ行くにも多くの護衛がつくので、気軽に映画館へもいけないとボヤいておりました。そういえば、テレビのニュースでインタビューを受けている首相の後ろにかならずこわもてのネクタイしめた男の人が居るのに気づきました。きっとボディーガードなのでしょうね。いつも同じ人なので、またあの人が出ているとひとりごちています。


平成13年6月13日(水)   小泉メルマガ


今日も中国局らしきマークだけはっきりの画像を左に掲載してみました。ほんの1瞬で1分くらいですぐに消えていきました。
さて、小泉首相のメルマガは驚異的な購読者数を獲得しているようですね。明日から配信されるようですが、KNBを聞いていたら、アナウンサーが登録したくてメルマガ購読のページにアクセスしているのだけど、混み合っているのか昨日からつながらない、とぼやいておりました。私も早速購読申込みしてみましたが、あさっさりと登録できました。KNBのパソコンの調子のほうがおかしいのでは?と思いました。このごろ、メールで件名・差出人なしのクリップのついたメールがよく届きます。ウイルスメールなのでしょうが、削除するにしてもうっとおしく感じるこの頃です。


平成13年6月12日(火)   島根県のテレビ




夕方6時半ころからテレビをサーチしてみたら、トロッポで島根のNKT(日本海テレビ)松江局が受信できてびっくりしました。時間とともに長野のTSBが割り込んできて受信状況が悪化、約30分くらい見ることができました(上の左から1,2枚目のfig)。それとNHKの島根もかろうじて受信できました(左から3枚目のfig)。


平成13年6月11日(月)   福建電視台




今日の夕方4時〜5時にかけて福建電視台が受信できました。こんすさんの掲示板で局名確認できました、ハイ。演劇みたいなのをやっていました。久々に画像入り受信レポート出してみようかな?と思いますが、中国語で文章は綴れません。百聞は一見にしかずでベリカが届くでしょうか?


平成13年6月10日(日)   今日もIC-PCR1000


今日もIC-PCR1000を使っていました。メモリにせっせと周波数を打ちこんでいきました。やっぱりこの単調な作業はパソコン上でも疲れる。エアーバンド、消防救急波、海外日本語放送をとりあえずメモリーしました。気分がかわって今日は一日ラジオを聞いていました。FM放送も受信してみましたが、なんとこの機種、Wide FMでフィルターを230KHzと50KHzに切り替えられるのです!50KHzのナローフィルターの効果はすごく、79.0MHzの地元FMエアポートに潰されてしまう78.9MHzのFM三重が50KHzフィルターで受信できるようになります。トーンコントロールがついてないのが残念ですが、外部スピーカー使用でまあまあリスニングにも使えます。AORのループANTと相性がよいようでやっとループの出番んがやってきました。不思議なことに操作画面が受信機、コンポタイプだとECSS機能(SSB受信)が働かなくて、ラジオ画面だと機能するんです。長波からUHFまでカバーしているのでアンテナセレクターで4つのアンテナを切り替えて使っています。1本でカバーするAORのSA−7000が欲しくなります。


平成13年6月9日(土)   涙・・・


今日、IC−PCR1000のRS-232Cケーブルが届いたので、早速接続してみた。こんどこそと思いきや、いきなりCOM1エラーが出て私が固まってしまった。純正ケーブルなのに・・・。気を取り直して、ソフト側でCOMポートを変更してみた。するとCOM2に設定変更すると、音が出るではないか!ううっ・・・、やっと受信できた(涙)。一応広帯域受信機なので、長波、中波、短波もそこそこ受信できる。まあ、アンテナ次第という感じである。便利なのは、メモリーの書き込みであろう。しっつかり周波数に名前を記入できるので、後でなんだっけ?ということはない。記入しやすいのはパソコンならでは。やっぱ使い勝手がよくないと、自然とつかわなくなるんだよな。同じアイコムのICR-7100はあまりにも操作がややっこしくて、今はFM専用のチューナと化してしまっている。


平成13年6月8日(金)   3000円は高いと思う


今日は昨日の続きで、IBMのサポセンにTELしてフロッピーをインストールできないことを聞きました。サポセン嬢もよくわからないらしく、お待ちくださいといって10分くらいそのまま待たされたり、2時間くらい電話繋ぎっぱなし(フリーダイヤルだからいいけど・・・)のうち半分は待ち時間でありました。受話器持ったままでは何もできないので、AR−8000のコードレスの周波数をサーチして、電波をキャッチしたところで止めて、そちらのほうを聞いて待っていました。われながら感心。しかし、結局インストールできず、またあげくのはては、IMBがわではPCカード認識は問題ないのでLANカードがわの問題ということで、そちらのほうへ聞いてくれということになってしまいました。このまま粘ってもしょうがないので(こちらも流石に疲れた)電話を切って、ウインドウズのヘルプで探ってみると(この段階で結構自分にも知識がついて、問題の項目を発見できたのでした)、やはりハード側の問題なのでハードの取説を見てみると問題解決のヒントがあるかも知れません、と出ました。あ〜あ、タライ回しにされた感じで、結局何も解決できなかった。ドッート疲れてしました。


平成13年6月7日(木)   3000円を高いと思うか


ラジオ・受信関係専用のパソコンにしようとヤフオクで二昔前のIBMのパソコン「シンクパッド560」を22Kで手に入れました。フロッピードライブは外付けのものが付いていたので、FDでインストールできるものはインストールしているところです。しかしネットでダウンロードしたいものもあるので、LANカードでケーブルネットに接続しようとLANカードのドライバーをインストールしようとしたのですが、何故かできないんです。そこでIBMのサポセンに電話してみました。すると購入後半年間は無料サポートであるが、それをすぎると有料(1案件3000円)になると言われ高いな〜と思いながら、自分ではどうすることもできないので、しぶしぶお金を払って聞いてみました。さすがに有料だけあって、丁寧に教えてくれます。1時間くらい電話であれこれ教えてもらい、IBMのHPからPCカード・ディレクターをフロッピーに取り込むことができました。あとは、説明どうりにインストールしてください、ということで話を終えました。ところが、今、インストールしてみたのですが、うまくいきません。明日、またサポセンに聞いてみます。1週間以内なら、同一案件であれば3000円で教えてくれるそうですから。有料というのはある意味卑屈にならずにいいですね。無料だと、相手もめんどくさそうに、そんなことも知らないのという口ぶりのサポセンもあるのですけど、これってあと味わるいですよね。お金で割り切って堂々と聞くというのも、いいもんだと思いました。


平成13年6月6日(水)   こだわり商品


クローズアップ現代を見ていたら、デフレ不況の中で売れているのは、こだわりを持った商品だそうである。ホンダのパーツを自分好みにカスタマイズできるバイクが若者の心を捉えて売れているのだそうだ。あるいは昔の職人が作っていた頃のカメラ。これは中高年に受け入れられているという。さて、受信機もホンダのバイクのようにカスタマイズできればいいなと思います。JRCの受信機のように基板を差し込み式にしてグレードアップできる方法にすれば簡単。ただ、最初の基本となる型が安いとだめです。JRCみたいに20万円近くしては買えません。やはり5〜6万円くらいからベーシックモデルは買えるようにしてもらえなくては。ついでにボディーの色やツマミの形も自分好みに選べるといいですね。


平成13年6月5日(火)   きわめて日本的な


田中外務大臣の日米ミサイル構想についての発言が波紋をよんでいる、という一連のニュースを見ていると、とても日本的な出る杭はつぶしてしまうという古典的手法や、やっかみなどなど見え隠れして、ア〜アという感じがしてなりません。大体、橋本前総理のあの発言は何だったのでしょうか?総裁選で負けた腹いせ?としか思えませんね。さて、ケーブルネットはメーカーの人が来島したようで、いまのところ朝から順調な接続スピードを維持しています。TV局の掲示板はここ数日、苦情の投稿でボロボロ状態。さすがにこれはこたえたのでしょう。ちょっと、パソコンの設定をしていたのですが、いつもはじゃまにならないラジオの音が「うるせな〜」と感じました。そう、設定がうまくいかないのです。こういうときはもうやめた〜です。寝ます。


平成13年6月4日(月)   今朝はつながらなかったケーブルネット


昨夜、ケーブルネットに加入している友人と電話で話したのだが、やっぱりケーブルネットがつながらないと言っており、こちらだけではなく一安心?した。そして今朝、日記をアップロードしようとしたのだが、つながらない。おまけにパソコンはフリーズしてしまうわで、朝から機嫌が悪い。全くつながらないことは初めてなので、TV会社に電話したら、やはり苦情の電話がきているようでスミマセンの繰り返し。おまけに本契約の契約がまだなので、早く契約お願いしますだと。こんな状況でお金払えるかと言おうとしたが(言ったけど)向こうのセールストークでうっちゃられてしまった。さてこのケーブルモデムからパソコンまではUSBケーブルで接続しているのであるが、あと1台の古いパソコンにも繋ぎたいと考えているのです。ただこのパソコンUSB端子がないので、RANカードでの接続になってしまいます。そうなると新たにまたRANカードの購入そしてパソコンの設定とめんどうなことが待っています。そのうちハブも使いたくなってくるにちがいありません。このケーブルネットのおかげでいろいろと振り回され、泥沼におちいっていく気配がしております。おかげでラジオこのところほとんど聞いていません。


平成13年6月3日(日)   今夜も遅かったケーブルネット


ケーブルネットはあいかわらず、夜になると遅いままで困っています。掲示板にも書きましたが、アップロードも出来ない状態で、しばらくは翌朝のアップロードにします。今日は朝からなんだかんだ気ぜわしくてラジオもEスポで韓国語が聞こえたのを確認しましたが、じっくりとは聞けませんでした。昔はEスポ?トロッポ?で富山や能登の消防無線が聞こえたり、アナログ携帯電話時代は富山からのものが受信できていました。携帯電話はもうアナログ廃止になりましたが、当時はけっこう危ない会話が傍受できたものです。このところエアーバンドをIC706でメモリースキャンしながら仕事をしております。


平成13年6月2日(土)   な〜んだ


どうしてもパソコンとつながらないアイコムのPCR−1000。今日、前に使用していたwin95のノート(現在親父が簿記につかっている)で接続してみたら、やっぱりCOM1エラーがでてしまう。ここでパソコンのせいではないということを確信。接続ケーブルが一番あやしい。メスーオスのRS232Cケーブルが必要であったのですが、電気店にはメスーメスのケーブルしかなくどうしょうかと思ったが、横にオスに変換コネクターを発見。これも購入してドッキングして使っていたのである。今回よく見てみると、変換のピンが逆になっていることに気づいた。これだ。やっと原因がつかめてホットしました。佐渡ではこのケーブル売ってないので、しょうがなく純正のケーブルを通販で注文しました。あ〜あ、田舎の不便さを実感しました。はやくこないかな。


平成13年6月1日(金)   今日から6月


今日6月1日は電波の日だそうです。すかっり、いや全く知りませんでした。さて、KNBの相本商店がギャラクシー賞の優秀賞を受賞したようです。国内すべての放送番組の中からの選考でベスト4に入ったのですからたいしたものです。受賞内容は、「北陸新幹線は本当に必要なのか」というテーマで番組内でリスナーから意見を募ったものです。そういえば、このときの放送を聞いたのを覚えています。今日も一日KNBラジオをつけっぱなしで聞いていました。この局のアナウンサーは男女とも個性派ぞろいで吉本から派遣されたようなボケとツッコミの男女のコンビでの番組でおもしろいです。真面目な感じのBSNはおもしろくないです。最近、KNBの受信状態が完璧でなくなってきて、太陽フレアの影響でしょうか?



過去の日記を見る
2001/4/1〜2001/5/31
2001/3/1〜2001/3/31
2001/2/1〜2001/2/28
2001/1/1〜2001/1/31
2000/12/1〜2000/12/31
2000/11/1〜2000/11/30
2000/10/1〜2000/10/31
2000/9/1〜2000/9/30
2000/8/1〜2000/8/31
2000/7/1〜2000/7/31
2000/5/24〜2000/6/30
2000/4/22〜2000/5/23
2000/3/18〜2000/4/21
2000/2/17〜2000/3/17
2000/1/17〜2000/2/16
1999/12/19〜2000/1/16
1999/11/19〜12/18
1999/10/20〜11/18
1999/9/25〜10/20
1999/8/26〜9/24
1999/7/24〜8/25

トップページに戻る