トップページに戻る DEGEN DE1121ほか中国ラジオ使用日記
(気が向いたときしか書きません、悪しからず。)


平成19年1月6日(土) 1700KHz
今夜は1700KHzがよく聞こえているので、ALA1530SをDE1121とDE1103の外部アンテナ端子に接続してみました。
DE1103は裏技で中波帯で外部アンテナがつかえるようにして1700KHzを受信しましたが、そのままだとALA1530が強力で飽和してしまいましたが、本体ATTを効かすときれいに受信できました。
一方、DE1121はALA1530を接続してもうんともすんともいいません。
DE1121は中波帯は外部ANTがきかないのかと再度思いましたが、船舶通報で外部アンテナを抜き差しすると感度が変わります。
こうしてみると中波帯はDE1103のほうが圧勝。DE1121=PL350くらいの感度かもしれません。
それにしてもDE1103、ヘタな固定受信機をカモにしていますよ、まったく。
と調子に乗ると、そこらへんにお化けがいっぱいいました(爆)。


平成19年1月2日(火) やっぱりDE1103のほうが感度は上
DE1121とDE1103のラジオの感度を比較してみました。
短波帯ではなくて、1669KHzの船舶気象通報を18時ころにどちらも内蔵バーアンテナで聞こえるかやってみました。
すると、DE1121は地元粟島と金華だけしか聴けませんでした。
ところがDE1103はかなりの局を受信できました。カスカスの信号でも局名は聴けましたしやはりDE1103のほうが感度は上のようです。
それと気がついたのですが、SSBはDE1121は短波帯のみ動作します。
中波ではSSB受信できません。ということはESSCの裏技が使えないということです。
DE1103は中波帯でもSSB動作できます。船舶気象通報もDE1103ではSSBで聴くとさらに弱い局でも了解度があがりました。
それと、DE1121のミュート機能ですが、イヤホンで聴いた場合はミュートできませんでした。
電池残量が少なくなるとDE1121は「LOW BATERRY」の表示がでるのは親切ですね。


平成18年12月30日(土) MP3プレーヤーのイコライザー

最近はオヤスミ時にはラジオを聴いて眠りにつくのではなく、DE1121のMP3プレーヤーで音楽を聴きながら眠りに落ちています。
お気に入りはチューリップで「青春の影」なんて聴いたらあっという間に爆睡してしまいます(笑)。
さて、このプレーヤーですが音質というか音場をイコライザー機能で変えられます。
Noramal→ Classic→pop→ Rock→ Jazz→ Bass と6通りに変えられその効果もはっきりしています。
なんども申し上げますが、モノラルでラジオ音質ですがスピーカーでMP3音楽が手軽に聴けるというのはとてもよいです。
いままでi-podにアンプかましたりして聴いたこともありましたが、持ち運んでまでは無理でしたからね。
もちろん、DE1121もイヤホンで聴けばステレオの良い音で聴くことができますのでケースバイケースで使いわけしています。


平成18年12月27日(木) 久しぶり
しばらくぶりです(苦笑)。
メニューを開いてsettingモードに入った画像が取説にあるのですが、そこにLanguageの項目が見えます。
ところが実際に私が購入したDE1121ではLanguageの項が見あたらないんです。
ラジオ本体の文字は英語のものなんですが、中国語バージョンにはあるんでしょうか?
謎です。どなたかご存知ありませんか。
MP3プレーヤーにパソコンから音楽をダウンロードしました。
日本語で曲名入れたらなにも表示されません。
音楽はもちろん聴けますが、タイトルは英語のほうがよいみたいです。
気分は1970年代のラジカセみたいな感じで楽しめます。


平成18年12月22日(金) PCでのメモリ編集機能


PCでのメモリ編集機能がDE1121の特徴のひとつですね。
取説に何か?書いてありましたがよくわからないのでとりあえず試してみました。
電源切った状態のDE1121に付属USBケーブルをつなぎパソコンと接続します。
するとDE1121の画面に通信状態の表示が出ます。
パソコンのマイコンピュータを開くとDE1121がリムーバルディスクとして認識されていますのでそれを開いたのが上の図です。
この中にFREQ.TXTがありますのでこれを開きます(上図参照)。
これが現在DE1121に登録されている周波数リストです。
ためしに海外短波日本語の周波数を25-30番目に入れて変更してみました。
これを上書き保存して登録終了。
パソコンからDE1121をとりはずしたら、DE1121のラジオ電源をON。
あとはラジオ真ん中の開くボタンを押してメニューを開き、STATION→IMPORTをクリックするとWAITの文字が出てしばらくすると登録完了となります。
これはやってみると簡単にメモリーできてよいです。


平成18年12月21日(木) ACアダプター

このところ忙しくてDE1121をかまってやれません。
いつもお休み、お目覚めラジオとして使っているDE1103の充電池が切れたので、再充電している間、ACアダプターを使おうと探していたら、DE1121のACアダプターが6Vで同じことに気づきました。
同じDEGENメーカーのラジオですので共通のはずと思いましたが一応念のため極性をチェック。
ラジオ側面のACジャックの極性印字ですが、ほんとにDE1121,De1103ともわかりずらいです。
見えないといったほうがよいかも。
まあ私の目が老眼の境地にあるのかもしれませんが、ようやく判読しました。
そしたらなんとあなた、DE1121はいまどきセンターマイナス、DE1103はセンタープラスでした。
あやうくDE1103を壊すところでした。
同じメーカーなら統一して欲しかったですね。


平成18年12月20日(水) 長波受信

どうしても長波に周波数を合わせられなかったのですが、今日なにげにやったら簡単に長波受信できました。
MWバンドを選択して、あとはダイレクト入力で500〜200KHzの周波数を入力すればOK.
いままで153KHzなど200KHz以下の周波数を入力していたので失敗しました。
なお、200KHz以下はチューニングダイヤルで下げられて受信できます。
それと短波帯でのダイレクト入力で長波の周波数入力はできません。
取説でここらへんは書かれていましたが、50〜510KHz最初にダイレクト入力と書かれていますが、200KHz〜ですね。


平成18年12月18日(月) とりあえずラジオを聴いてみる
AM/SW/FMともにDE1103とほぼ同じような感度です(ということは感度良い)。
音はDE1103より明らかによいと思います。
外部アンテナ端子は中波も対応しているようです。
選択度切替は効果抜群(WIDE 9KHz/NARROW 4KHz)
ただ残念なのはチューニングメーター機能がありません。
DE1103で不評だったボリュームコントロールは専用キーで調整可能、ミュートも備えて便利になりました。
時計表示と周波数表示が同時に表示されて便利。
短波ローバンドは受信範囲外(1.71-3.0)裏技があるのでしょうか??


平成18年12月18日(月) 電源を入れる

電源を入れるとMP3レコーダーの表示部があざやかなグリーン色になりとてもきれいです。
ラジオというよりいまどきのハンディ無線機の世界ですね。
画像ではみにくいかもしれませんが、この小さなMP3レコーダーの表示部に情報がぎっしり表示されます。
目が悪くなりそうですが、ヘタなハンディ受信機・無線機よりドットが細かくて読みやすいです。


平成18年12月18日(月) 箱を開ける

ACアダプターは120V仕様、ラジオ用充電池は付属していませんでした。
キャリーポーチ、イヤホン、USBケーブル、ライン イン ケーブル、外部アンテナ、CD取説
CD取説は読みにくいので印刷しました。大きくebay出品者名透かしがはいっていて読みにくいです(苦笑)。
このラジオは使ってみるとわかりますが、操作は難しいです。
これが中国語マニュアルだとお手上げですが、このCDには英語・中国語両方入っているのでよかったです。


平成18年12月17日(日) DE1121届く

今日の午後から地区の忘年会で小木にいって飲んできました。
帰宅すると中国からの荷物が・・・。
切手が異国情緒を感じますね。
ebayで落札したDE1121のようです。
今夜はもうヘロヘロ状態なので明日開封してみます。

  DE1121 US $79.90
Shipping and handling via Standard Int'l Flat Rate Shipping:
 US $20.00
 Shipping insurance (required):  US $4.00
 Total:  US $103.90

日本円でおよそ13,000円くらいになりました。



トップページに戻る