松下電器 クーガ7(RF−877)

クーガ7 クーガ7は1973年(昭和48年)12月に発売され、本体標準価格は18,500円であった。
メカメカしいデザインは遊び心をかきたてるに十分。回転式のジャイロアンテナがクーガシリーズの特徴である。RFゲインコントロールが付いており、特に中波AM放送の受信感度はピカイチ。BCLブームの前の機種であるためか、短波は12メガまでのカバー。
私はオーディオ用の16cmの外部スピーカーを接続して、このラジオを聞いているが、内臓スピーカーと比べて格段にいい音で楽しむことができる。しっかり、どっしりした音になり、設計のよさを感じる。
そういえば、松下電器がジャイロアンテナを搭載したこのクーガ7を発売したとき、富山、北日本放送(KNB)のラジオCMで、遠い佐渡島でもこのクーガ7を使えば、KNBの放送を聞くことができる、というようなことを宣伝していました。当時佐渡の中学生だった私は松下電器のCMに佐渡が使われるなんて感激!、と妙に記憶に残っています。まあ、別にどんなラジオでも佐渡ではKNBは聞けるのですが、かたいことはいわないでおきましょう。