本文へジャンプ
赤い衝撃 
初めて購入した広帯域受信機がこのAR8000。
なんたって驚いたのは、ディスプレイが中央に配置されたこと。今までの受信機は一番上にディスプレイ、テンキー、そいて一番下にスピーカーという配置が一般的でした。
値段も5万円くらいしたような記憶がありますが、東京へ出張したとき秋葉原に寄って衝動買いしました!
カードで(笑)。
操作性もよく今でもよく使っています。
当時は夏になるとトロッポの影響かもしれませんが、富山とか新潟の上越からの自動車電話が良好に受信できました。これで私、社会の裏側を垣間見ましたです。
さて、母親が畑でとってきた野菜が外に置いてあり、それが小雨にぬれてはっとするような美しさでしたのでAR8000とともに写真に納まりました。
さつまいもの赤がまさに赤い衝撃でした。

写真はAR8000
AOR AR8000
1994年発売
定価 78,540円

y