本文へジャンプ
川の流れのように 
晩年の美空ひばりの歌はよかった。
小椋桂や秋元康といった演歌と結びつかない作詞作曲家とのコラボレーションが成功した要因でしょうか。
特に「川の流れのように」はなんど聞いても聞き飽きない名曲だと思います。
美空ひばりさんが亡くなられてから、何人かの演歌歌手の方が人生=川(河)というような歌を発売しましたが、どれもイマイチでした。
川を歌った曲であとひとつ私が好きなのは、五木ひろしの「千曲川」。
青春の日々をすごした信州の風景、思い出が浮かんできます。
けれんみのない歌ですが、いざカラオケで歌うと難しく、お経のようになってしまいます(苦笑)。

写真はクーガ115
松下電器 RF1150
1975年発売
定価 26,900円

y