トップページに戻る

TV-R7000Jを改造してAR5000でTV受信を試みるの巻


AR5000を買って使っていましたがEスポ時に中国やフィリピンのTVをAR5000で映像受信してみたくなりました。
AR5000用のTVコンバータは販売していますが、価格がやたら高いので買う気がしません。
そこで、アイコムの受信機IC-R7000用のTVコンバータ TV-R7000Jが使えないかずっと思案していました。
これでしたらヤフオクで中古が1万だせば入手できます(できました)。


さて、問題はTV-R7000Jの電源がIC-R7000受信機本体のIFに重畳されて供給されるためこのままではAR5000にはつなげません。
AR5000のIF出力にはあたりまえですが電流は重畳されていません、あくまでアイコム製品のオプションですので仕方がありません。
これを使うには別途TV-R7000Jに電源を供給してやらないと動作しません。
アイコムサービスセンターにIC-R9000でFMをステレオ復調させたいと話題を変えてTV-R7000Jへの電源供給ポイントを聞きましたが、「改造にはお答えできませんが、回路図を送ります」の返事。
そこで回路図上でIF入力をたどっていくとそれらしきポイントを見つけました。


そしてTV-R7000Jの裏蓋を開けて改造部分を探してみます。


コネクターを全部はずしてネジを取り、基板をひっくり返してポイントをさぐります。
場所さえわかれば、そこへ電源コードをハンダ付けするだけ(老眼で大苦戦しました)。


あと入力する電圧もわからなかったのですがTV-R7000Jの取説に9Vと明記してありましたのでACアダプターで供給。
TV-R7000Jの裏蓋には最初から穴がいくつも開いてありそれを利用してACアダプターのジャックを設置。


そしておそるおそるTV-R7000Jのスイッチを入れると・・・
赤いランプが点灯、なんとか成功したようです(涙)。
あとはAR5000のIFをTV-R7000Jに接続するだけ。TVを受信してみるとうまく復調します。


またFM放送もAR5000でステレオで聞けるようにもなりました。
これを使えば他のIF=10.7Mが出力されている受信機であれば(IC-R9000など)FM放送ステレオ復調、TV受信が可能となりました。

最後に、製造ロットによっては回路が変更になっているかも知れませんので自分で改造される場合は自己責任でお願いします。

トップページに戻る