トキ保護の歴史


明治25年 「狩猟に関する規則」で33種の保護鳥が定められるが、トキは除かれている。
  41年保護鳥にトキが加えられる。
大正11年「日本鳥類目録」(日本鳥学会)にトキの分布として、北海道(函館)、本州(宮古、西多摩、横浜、美濃、越後)、伊豆七島、四国(徳島)、九州、沖縄、台湾、朝鮮をあげる。学名Nipponia Nipponを採用、以後これが定着。
  15年「新潟県天産誌」に「濫獲の為ダイサギ等と共に其跡を絶てり」と記されている。
昭和 2年佐渡支庁、トキ発見を懸賞で呼びかける。
   7年佐渡の加茂村、新穂村に農林省がトキ捕獲禁止の標識を立てる。
   9年トキ、天然記念物に指定。
  13年「天然記念物調査報告」動物之部第3号にトキについて詳述。
  14年新潟県、トキの生息調査を実施。
  25年新潟県は、佐渡の各町村長へ生息状況調査を指示。
  27年特別天然記念物に指定。
  28年 3月佐藤春雄氏、佐渡で負傷したトキ(雄)一羽を両津高校で飼育。4月上野動物園へ移す。
     11月佐渡朱鷺愛護会設立。
  29年 2月前年度佐渡から上野動物園に移されたトキ死亡。
      剥製にされ国立科学博物館に入る。
     12月新潟県、佐渡禁猟区設定。
  32年 佐藤春雄氏、トキは繁殖期には灰色になること、これが秋になると換羽して白色になることを明らかにする。
  34年 2月佐渡新穂村、両津市でトキの給餌開始。
      4月新穂トキ愛護会設立。
      5月佐渡朱鷺愛護会を発展的解消し、佐渡トキ保護会を設立。
  35年 トキ、国際保護鳥に選定。
  37年佐渡禁猟区(黒滝、和木)設定。
     新穂禁猟区(国設)設定。
     佐藤春雄氏、「幼鳥は繁殖期にはいっても灰色にはならないこと。親鳥とは別行動をし、人里へ出てくること」を追記。
  38年12月新潟県教育委員会調査、成鳥6羽、ひな2羽を確認。
  40年 3月佐渡新穂村村有林の一部を国有林として買い上げる。
      7月負傷した「カズ」佐渡黒滝山で保護。新穂村行谷小学校で飼育。
      9月トキが県の鳥になる。
      9月佐渡真野町に幼鳥「フク」が飛来し、10月には佐和田町へ移動した。餌つけに成功し、12月に福田嗣夫氏により捕獲され、新穂村公民館で飼育。
  42年 1月新穂村清水平にトキ保護センター建設。
      4月近辻宏帰氏トキ保護センターに着任。
     11月トキ保護センターにおいて「フク」「フミ」「ヒロ」の飼育を開始。
  43年 佐藤春雄氏トキの羽色変化について、「頚部から分泌される灰色の脂肪を塗つける」との新説を発表。
      3月「キン」が宇治金太郎氏により捕獲され、トキ保護センターで飼育開始。
      7月上野動物園、井の頭自然文化園、多摩動物公園でトキ保護小委員会を設置し、トキの人工飼育に協力。
  44年 3月トキ保護センターでクロトキ2羽の飼育を開始。
  46年 4月両津市トキを愛護する会が発足。
  51年12月トキ保護対策委員会が発足。
  53年 5月トキの卵3個を採取し、上野動物園で人工孵化を試みるが孵化に至らず、いずれも無精卵と判定。
  56年 1月佐渡に生息する野生トキを5羽一斉捕獲。
  57年 3月国設小佐渡東部鳥獣保護区設定。3月、「ミドリ」と「シロ」ペアリング開始(58年春まで;4月シロ死亡)。
  58年 4月「ミドリ」と「キン」のペアリング開始。その後、5月分離。この年から、ペアリングと分離を繰り返し62年4月最終的に分離。
平成 3年 平成3〜4年佐渡トキ保護センターの建設。
   5年10月14日クロトキ(10)、ホオアカトキ(7)が初めに移転し、19日「キン」「ミドリ」が新センターへ移転。


|トキの飼育記録|